普段何気なく生活を送っていると、運動不足が気になり職場の同僚に触発されてマラソンを始める方も多いはず。

しかし始め方を知らないと、なかなか最初の一歩を踏み出せないという初心者も多いです。


1.マラソンする目的を考える

マラソンの始め方の話の前に、そもそも何故走ろうと思ったのか、胸に手をあてて考えてみてください。

何か大きなやりがいや達成感が欲しくて、1年間練習を積んでフルマラソンに挑戦したいから。

大会はまだいいけど、健康診断で引っかかり医者から何kg減量しろと言われたから。

などなど、きっと何かきっかけがあるはずです。

残念ながら何も理由が思い浮かばないという方は、継続できなくなる可能性が高いと言えます。

なぜならマラソンというスポーツはとても単調なので、途中でつまらなくなって飽きてしまうケースが多いからです。

続けていてもなかなか上達してる気がしない、見た目の変化がないからと言って簡単にやめては勿体ないです。

まず初心者は楽しむことが第一です。

見た目も変わらなくて、いつまでも上達してる気がしなくて、一体何が楽しいの?と思わないでください。

走ることでリフレッシュ効果、ストレス解消の効果を得ることができます。

走らないとなんだか調子が悪いな~と思えるくらい、マラソンを好きになって欲しいものですね。

ちなみに20代~30代はダイエット、美容、ストレス解消のため、40代以上は健康管理やメタボ対策、達成感ややりがいを求めて始める方が多いみたいです。

しかしマラソンは時間を要するので、子育てが忙しい若い世代よりは、ある程度時間にもお金にも余裕が出てくる主婦やサラリーマン層が始める方が多いです。

というわけでマラソンの始め方を考える前に、走る目的、目標をしっかり明確にしておきましょう。


2.マラソン用のシューズを用意する

さて走る目的を決めた後は、初心者向けのマラソン用シューズを用意しましょう。




マラソンの始め方で一番大事なポイントです。

値段は5000円~15000円くらいまでピンキリですが、高けりゃいいというわけではありません。

見た目やサイズで選んでもいけません。

一番大事なのは試履きをしたときに、足にちゃんとフィットするかどうかです。

サイズを選ぶときは普段履いている靴のサイズのプラス0.5~1cmのものを選ぶのが基本です。

なぜかと言うと、走っているうちに足が浮腫んでくるのでそれに対応するためです。

もしサイズを間違えば、爪が圧迫されて内出血を起こし、最悪剥がれますので気を付けたいところです。

試し履きは時間をかけて何足かしましょう。

椅子に座って履くだけではなく、屈伸やスクワット、ジャンプや足踏みをして、本当にフィットするかよく慎重に考える事が大切です。

さて実際シューズを用意したら、試しに走ってみましょう。

近くに大きな公園や河川敷があると良いですね。

無ければ公道でも大丈夫ですが、出来るだけ歩行者や車の邪魔にならないような、歩道の広い国道を選んで走ってみましょう。

ただその日の気分でダラダラ走るのではなく、今日は何キロ走ろうとか、どれくらいのペースで走ろうとか、目的をもって走ると良いですね。

あと、走った距離やコースはアプリ等を使って保存しておくと良いでしょう。

マラソンは一定のペースで走り続けることが大変重要なスポーツなので

そのためにもペース配分をしっかり行いましょう。

一人で走るのが苦手という方は友達を誘っても良いし、思い切ってランニングサークルに参加してみてはいかがでしょうか。

色んな職種や年代の方がいて、そのまま飲み会やランチに流れる事も多いので、コミュニケーションを取るのが好きな人はお勧めです。

ただし初心者OKの所を探すようにしましょう。

サブ3ランナーばっかりの上級者サークルに入ったりしたら大変ですからね。