せっかくシューズまで揃えたのにマラソンをやめてしまっては勿体無いです。

まず初心者はマラソンの事をよく知り、継続するためには、しっかりトレーニングの計画を立てなければなりません。


1.初心者は距離とペースを決めることが大事

週に一度マラソンしていても、三ヶ月たってもなかなかな上達が見られなければ、このまま続けて大丈夫なの?と不安に思っている初心者は多いです。

ではそういった方に質問しますが、ちゃんとペースやタイムは測っていますか?天気や気温、走った距離やコースはちゃんと記録していますか?

ただその日の気分に合わせてマラソンしているだけではなかなか上達できません。

初心者のうちはマラソンの練習内容をしっかり記録して、自己分析を行い自分にあったトレーニング計画を立てることが大切です。

まず走る距離を決めましょう。

今の自分の走力に対して8割くらいの力で頑張れる距離で良いです。

例えば5kmが限界と言うのであれば4kmで設定しましょう。

常にギリギリの体力で練習してると、しんどくて疲れるだけなので、少し気持ちに余裕を持たせ、リラックスして走ることが大事です。

次にコースを決めましょう。

できるだけ信号のない所の方が、正しいタイムの分析ができます。

公園や河川敷がお勧めです。

さて距離とコースが決まったので、このトレーニング内容で週に一度、できれば二、三ヶ月間走ってみましょう。

毎回同じコースはつまらなくて飽きてしまうかもしれませんが、自己分析するための大事なデータ収集だと思ってください。




週に一度走るだけでもトレーニング1回目と10回目の時では、見える景色や身体で感じる時間が変わってくることでしょう。

次にデータ収集ができたら、自分のペースが平均どれくらいなのか計算してみましょう。

例えば4km32分であれば、キロ8分で走ったことになります。

次回から距離を少しずつ伸ばし、キロ8分を一定に保ちながら走るトレーニングを入れていきましょう。

一定のペースを保つためには、どうしてもGPSウォッチが必要になりますが、上達の為には欠かせないアイテムとなりますので、いずれか用意しましょう。

このようなトレーニングをペース走といい、ハーフやフルマラソンを走るには必ず行うトレーニングの一つですので、頭に入れておきましょう。


2.大会に出て目標を達成させる事が大事

ただトレーニングを積むにしろ、何か目標に向かっていったほうが、やりがいや達成感を感じることができるでしょう。

思い切って大会に申し込んでみてはいかがでしょうか。

初心者でもエントリーできる大会は沢山あり、最初は5kmの部からチャレンジすることをお勧めします。

その際に目標タイムをしっかり決めましょう!

初めてハーフやフルマラソンにチャレンジするのであれば、完走が目標でも構いませんが、たった5kmの部でリタイアする人はまず居ません。

ちゃんと目標タイムを立てて、当日は全神経を集中させて、今まで計画を立ててやってきた練習の成果を十分に発揮できるよう、一生懸命走ることが大切です。