目的はただダイエットしたいだけ。

マラソンをする人のモチベーションは人それぞれです。

ただ、間違いなく言えることは、マラソンの練習は減量するのにはもってこいということ。

特に初心者用の練習は、これ以上ないと言って良いほどダイエット向きと言えます。

ここでは、ダイエット向きのマラソン練習を紹介します。


1.初心者向けマラソン練習の減量効果

マラソンは、あらゆるスポーツの中でも最もエネルギーを消費するスポーツです。

フルマラソンを走るとそれだけで2000kcalほどのエネルギーを消費します。

これは成人男性の1日分の必要カロリーに匹敵する量です。

とは言え、初心者が、(上達していてもですが)42km以上走るのは幾ら何でもハードルが高いのと、一度で終わってしまってあとが続きません。

ダイエットのためには、その初心者の方向けの練習が非常に有効です。

初心者向けの練習であるのは、上級者向けに比べて強度が高くないことと、練習のコンセプトが『42.195km走りきれるようになるための練習』であることが非常に大きいと言えます。

42.195km走りきれるようになるためには、そもそも距離に対する筋力的な耐性をつけなければなりません。

また、マラソンを走る上ではエネルギーの消費が大きいため、体脂肪を効率よくエネルギーに変えることが求められます。

まさにダイエットのためにあるような練習ですが、マラソンの初心者向けの練習はこれを鍛える要素も含んでいるわけです。





2.マラソン初心者向けの練習メニュー

減量を目指すダイエッターの方がこなすべき、マラソン初心者向けの練習の代表格というと、やはりLSD(Long-Slow-Distance)です。

これはひたすら距離と時間を踏むメニューで、時間としては1時間から2時間ほどかけるのが理想です。

ペースに関してはおしゃべりができるくらい、歩くよりも少し早いくらいのペースで構いません。

この練習を行うと、体の毛細血管が拡張し、脂肪の燃焼効率が高まります。

入浴と同じような効果があるわけです。

また、単純に走ることによるカロリー消費も大きいため、一石二鳥の練習方法と言えます。

減量という意味では技術の上達が目的ではないので、あまり練習に変化をつける必要はなく、基本的にこれだけで十分ダイエットできると思いますが、あえて変化をつけるとするならば、毛細血管の拡張効果を促進するためにLSDの前に筋トレを入れて筋肉に負荷をかけておくと効果が高まると言われています。

昨今、低糖質ダイエット等、食生活を大きく変えてしまうダイエットが話題ですが、確かに食生活の改善は必須とはいえダイエットの基本は食事によるカロリー摂取よりも大きなカロリーを運動して消費することです。

そういう意味では今回あげたLSDは減量のために非常に有効なメニューであるといえ、ぜひお試しいただきたい練習と言えます。

個人的にはこれでマラソンの技術が向上してマラソンを志す“同志”が増えることを期待しています(笑)。