マラソンを走る上で、まず間違いなく必要になってくるのが水分です。

カロリーの消費以上に体重で1kg以上の減少がありますが、これの7割は水分です。

この時の水分補給は単純に水を飲めば良いと言うものではなく、いかに体に吸収させるががポイントになります。

ここではマラソンの練習の時に飲むと良い飲み物について紹介していこうと思います。


1.練習中練習後に飲む飲み物

最初にマラソン練習の最中及び練習後に飲むべき飲み物を紹介していこうと思います。

なんども言いますが、マラソンの練習時に出ていく水分は相当なもので、1kg以上になることもあります。

1kg減ったので1kgつまり1リットルの水を飲めば良いかと言うとそうではありません。

まずそもそも人間は一度に大量の水を飲めるように出来ていません。

そして、最も大きな理由としては、出て行ったのは水だけではなく、鉄分やカリウム、ナトリウムなどのミネラルが多分に含まれていると言うことです。

人間の体は体の中のミネラルの量と濃度が一定に保たれるように出来ており、汗で水とミネラルが漏出して体の中のミネラルが減少します。

この状態で、水だけ摂っても体内のミネラルが減った状態が解消せず、摂った水分が体から排出されるだけで、汗で出ていった分の補給にはなりません。

このため、練習中、練習後に飲むべき飲み物は水分のほか、ミネラルとその吸収を補助するビタミンを多く含んだものが理想です。




こういう飲み物はすでに“スポーツドリンク”としてたくさん出ており、それを飲めば良いでしょう。

ただ、極端に水分が減っている状態の場合、市販のスポーツドリンクが異常に甘く感じたり、濃く感じることがあります。

その場合薄めて飲むと言うことも良いですが、そこまで濃く感じるようであれば、脱水症状になりかけの恐れもあり、運動自体を中止した方が良いかもしれません。


2.練習前に飲む飲み物

練習前に飲む飲み物については、その目的によって大きく変わってきます。

単純な水分補給ということであれば、上記のスポーツドリンクで事足りますが、栄養補給の目的をかねる場合、走るまでの時間を十分取れるのであれば、もう少し“攻めても”良いかもしれません。

具体的には各種アミノ酸を含んだスポーツ用の栄養ドリンクなどです。

目的としては体脂肪の燃焼を助けるというもので、人間がもともと持っているエネルギー源である脂肪をエネルギーとして効率的に活用できることでスタミナの向上に役立つと言われています。

私は明治の『スーパーヴァーム』を愛飲していますが、これを飲むと走り始めて数キロのタイミングで発汗が少し増え、体にエンジンがかかることが実感できます。

マラソンの練習と飲み物は切っても切れない関係にあります。

自分にあったものを見つけ、練習の成果を少しでもサポートできれば良いかと思います。