果たしてランニングは1日のうちでいつ行うのが、ダイエットに一番効果的と言えるでしょうか。

結論を言うといつ走るのが痩せやすいかという効果の違いは特に無いようです。


1.朝ランニングのメリット

朝ランニングを行うと脂肪が燃えやすいという人も多いです。

なぜなら起きた直後は血糖値が低いため、朝ランニングを始めてすぐの段階で一番脂肪が燃えやすいからと言われています。

この事実に基づき、朝ランニングがダイエットに効果的だと思っているという人がいますが、実はいくら朝ランニングしようが 1日の消費カロリーが等しければ脂肪が燃える量は変わりません。

ただ、ランニング中に脂肪が燃えやすくなっているだけです。

ですので朝ランニングしたからと言って油断して昼夜に高カロリーのものを取っていては、あまりダイエットになりません。

さて、早起きは三文の徳ということわざの通り朝早く起きると良いことがあります。

日頃からスポーツの習慣がある人は分かると思いますが、 朝ランニングすると脳が活発化するので、運動後は勉学や仕事に対するモチベーションが高まり、生産性はアップします。

さらなる上達の為に以前より小学校や中学校で部活やクラブの朝練を取り入れたり、最近は朝活と謳って朝からセミナーを開く団体も増えています。




あと仕事の合間や昼休みにラジオ体操を習慣付けたところ、仕事の能率アップに繋がったという話を聞いたことがあります。

朝走る習慣が身につけば必然的に夜ふかしの防止にもつながるので、規則正しい生活も手に入れられそうですね!


2.朝ランニングのデメリット

朝ランニングはメリットのほうが多いのですが、全く無いわけではありません。

日中はどうしても眠気に襲われて、ウトウトしてしまいますので、車の運転をする際は十分気をつけましょう。

あと朝は紫外線が強いので日焼けを気にしている方はしっかり対策を取らなければなりません。

このようにランニング生活を充実させたり、継続して習慣化しより上達するためには自分にあったスタイルで実践することが一番です。

とりあえず慣れるうちは朝夜決めずに走ってみてから判断するとよいでしょう。

ランニングは全身を使う有酸素運動なので、ダイエット効果は十分にありますかま、合わせて筋トレも行うとさらに効果的です。

今の体重を維持したい、代謝をよくして太りにくい身体を手に入れたいという方は是非お勧めですが、走るとどうしてもお腹が空き自然と食べる量が増え、正直なところなかなか体重は落ちません。

減量をお考えの方は食事制限も合わせて行い、無理せず3ヶ月で2kg落とすペースで頑張ってみましょう。