よくランニング初心者から筋トレはどのようにしたらいいかと言うことを聞かれることがあります。

しかし私は初心者ランナーがそこまで筋トレをする必要性はないと思っています。

しかし中級ランナーへ上達したいということであれば筋トレを取り入れていくのもいいかもしれません。


1.あくまで走る距離を増やすことが先決

初心者ランナーでありがちなのですが走ることがあまり当たり前になっていないため何かと楽に上達したがる傾向にあります。

とにかくてっとり早く速く走れないかと試行錯誤する人にあぎって走る距離を増やすということをしません。

いきなり速く走ることなどできないのでまずそこを頭に置いといてください。

もちろんいきなりランニング距離を増やすことはできません。

最初は2,3キロあたりから徐々に増やして10キロを当たり前に走れるようになったら初心者ランナーの粋を抜け出したと思ってもいいかもしれません。

もちろん初心者ランナーと中級者ランナーの線引きははっきりしていませんが私はタイムどうこうより距離を走れるかどうかの方が強い意味合い性があるような気がしています。

そのくらいになったら筋トレを練習メニューに組み入れてもいいかもしれません。


1.走っていくうちで弱点が見える

長い距離を走っていくうちにランニングののウィークポイントが見えてきます。

ただあまり距離を走っていないうちにウィークポイントを選定するのは危険です。




自分でウィークポイントと決めつけてしまうとそれによって走りがダメなんだとしまい走ることよりそちらの方に気がいってしまうからです。

とにかくあまりランニングをしないうちに自分でいろいろと決めつけてしまうのは辞めましょう。


2.弱点克服に一役買う筋トレ

走る距離を積んで自分のウィークポイントが分かったのであればそれは初心者ランナー卒業と言っていいと思います。

そうなったら次はそのウィークポイント克服です。走り続けて克服するのが一番ですがあまりにも筋力が足りないという場合は筋トレをしましょう。

腹筋を鍛えたら上半身がうまく使えるようになり長い距離を走ってもあまり疲れなくなってきます。

それは後半の失速を軽減させることに役立ち更なる上達になるかもしれません。


2.中級ランナーが筋トレに割く時間

上記のように筋トレで効果が出ることはあります。しかしお勧めはやはり走る距離を増やすことです。

仮に筋トレを行ってタイムが劇的によくなったと言う場合でも筋トレをメイン練習にしてはいけません。

筋トレはあくまできっかけに過ぎずないからです。続けていくことは重要ですが走る距離を増やす方が先決です。

更に上級ランナーになった時にはまた長距離を走るだけでなくインターバルトレーニングを行ったり筋トレを増やしたりするのがいいでしょう。

それまでは走り9に対して筋トレ1くらいでいいでしょう。