夏にランニングをする場合脱水症状や熱中症に気を付けなければいけないということをよく聞きますが、冬は冬で気を付けなければいけないことがあります。

ここでは初心者ランナーはどのように冬のランニングに気を付けなければいけないかアドバイスしたいと思います。


1.冬に走る際に気を付けなければいけないこと

初心者ランナーは特に冬走る際そこまで気を付けると言うことはしないと思います。

確かにランニングを行う上で夏の方が注意事項は多いです。しかし冬は冬で気を付けるべきポイントがあります。

汗が冷えて体が動かなくなる。

体があったまらないうちにダッシュしてしまったら怪我をしてしまうなど冬特有の危険が潜んでいるので快適なランニングライフを行うために是非注意をしてください。


1.防寒対策を念入りに

初心者ランナーにありがちなのは寒い冬はあまり長い時間ランニングを行いたくないから速いスピードで走ってしまうことです。

寒い時期にいきなり速いスピードで走ったら怪我の元です。冬に走るのであれば防寒対策として厚めの服を着ることです。

さらにもう一つ注意点があり、最初は寒いから厚着をしていたけどだんだんあったまってきたため脱いでしまうということです。

脱いだ後に走り続けばてて歩いてしまったと行った時に服もない、さらに汗も冷えて寒くなるということがあるため気を付けてください。




走って暑くなってきたとしても上着は脱がないことをお勧めします。


2.ランニング前のウォーミングアップを念入りに

冬場は寒く体が硬いため怪我をしやすいです。特に初心者ランナーにお勧めしたいのは家出できるウォーミングアップ(ストレッチや柔軟体操)は家で行って準備をしてから走り始めるということです。

さらに冬場のウォーミングアップは特に念入りに行い走り初め、もしくはちょっと走ったら汗ばむ程度まで体をあっためておくことをお勧めします。

あまりウォーミングアップをしないで走り始めると夏場より圧倒的に怪我するリスクは高くなります。


2.走り終わった後もケアをする

走り終わった後も冬場は特に体のケアを十分にしてください。

クールダウンも室内でストレッチをするなどしてあまり体が冷えないように努めてください。

またお風呂は熱めのお湯につかるなどして工夫してください。

またたまにいるのが走って更に熱いお風呂に入った後だと体があったまっていて布団をろくにかけないで寝てしまうというランナーがいますが、ちょっと暑いなと思ったとしてもきちんと布団をかけて寝るようにしてください。

足裏を冷やさないように室内用のソックスや足履きをつけて寝るのや、湯たんぽを使って寝るのをお勧めします。

風邪をひいたら元も子もないのでしっかりケアをするようにしてください。