始めてマラソン大会に参加したとき、エイドステーションで上手に水分補給ができなかったという経験がある方も多いと思います。

マラソンの初心者にとって、上手な水分補給についての知識を身に付けておくことは、マラソンの上達にとても大切なことです。


1.水分の補給はとても大切

マラソンの初心者が、マラソン大会に出場して、いつもの練習と大きく違うと感じることの1つは、エイドステーションでの水分補給ではないでしょうか。

マラソン大会では、練習で走らないような距離を走るため、エイドステーションでの水分補給が必須になります。

水分補給に失敗しますと、脱水症状を起こしたり、おう吐をしたりして、非常に危険な状況になってしまいかねません。

そのため、マラソンの初心者でも水分補給のコツを知っておくことは、マラソン上達のために必要なことなのです。


2.マラソンの初心者に知ってほしい水分補給のコツ

それでは、マラソンの初心者の方のために、マラソン大会で水分補給に失敗しないための7つのコツをお伝えいたします。


1.エイドステーションには徐々に近づこう!

エイドステーションは、とても混み合います。

走りながら急にエイドステーションに入りますと、他のランナーと接触したり、接触を避けようと無理な姿勢を取って足首を痛めたりします。

エイドステーションに入るときは、徐々にエイドステーションに近づくようにしましょう。


2.遠い場所にあるコップを取ろう!

エイドステーションはある程度の広さがあるにもかかわらず、手前側が非常に混み合います。

逆に、エイドステーションの後方側は、意外にすいています。

エイドステーションに立ち寄るときは、慌てて手前のコップを取りに行かず、後方のコップを取るようにしましょう。





3.すべてのエイドステーションで給水しよう!

喉が渇いていないからといって、エイドステーションは立ち寄らずに走り続けよう、などとは思わないでください。

喉の渇きを感じたときは、すでに手遅れです。

喉の渇きを感じていなくても、すべてのエイドステーションで給水をしましょう。


4.飲み過ぎに気を付けよう!

喉が渇いたからといって、2杯も3杯も飲むことはしないでください。

上記でお伝えしたとおり、すべてのエイトステーションに立ち寄って、こまめに水分補給をしましょう。

胃の中に水分がたくさんある状態で走り続けますと、おう吐の原因になります。


5.水よりスポーツ飲料を飲もう!

エイドステーションでは、水だけでなくスポーツ飲料が用意されていることが多くなってきました。

水よりも水分補給として優れているスポーツ飲料を飲むことを、お勧めしますです。

水は飲まずに、体が熱いときに、首元や腕、脚にかけると気持ちよいです。


6.指をコップの中に入れて取ろう!

りながらエイドステーションのコップを取るには、ちょっとしたコツがあります。

それは、指をコップの中に入れて取ることです。

コップの外側だけを持ってコップを取ろうとしますと、高い確率で中身をこぼしてしまいます。


7.コップの縁をつぶして飲もう!

さて、上手にコップを取ったとしても、動きながらの給水は、慣れないと意外に難しいものです。

動きながら給水するコツは、コップの縁をつぶしてから飲むことです。

もし上手に飲めずにこぼしてしまうなら、無理をせず立ち止まって飲むようにしましょう。


3.まとめ

マラソン大会では水分補給がとても大切です。

もしマラソン大会で水分補給に失敗して無理をして走りますと、脱水症状などを引き起こしかねません。

マラソンの初心者にとって、水分補給のコツをしっかりと学んでおくことは、マラソンの上達にとても大切なことです。