ランニングのトレーニング方法にはさまざまな種類があるため、どのような練習をしたら上達することができるのか、迷ってしまうと思います。

そこで、あなたがマラソンの初心者でしたら、マラソンの練習にウォーキングを積極的に取り入れることをお勧めします。


1.マラソンの衝撃に耐える脚を作る

マラソンの初心者にウォーキングを積極的に取り入れることをお勧めする理由は3つあります。


1.小見出し

マラソンをすることで、脚は体重の数倍もの衝撃を受けると言われています。

体重の数倍もの衝撃を耐え続ける脚を作ることが、マラソンの初心者にとって何より大切なことです。

走るために必要な脚の準備をせずに走ったとしたら、間違いなく脚を痛めてしまうことでしょう。

あるオリンピックのメダリストも、マラソンに必要な脚作りにウォーキングを行っていたそうです。

走るよりも脚への衝撃が少ないウォーキングは、トップランナーでも実践しているマラソンの練習方法なのです。


2.長時間にわたって身体を動かすことに慣れる

マラソンは、サブ4ランナーでも、4時間近くもの長時間にわたって身体を動かし続けることになります。

これほど長時間にわたって身体を動かし続けることは、日常生活ではあり得ません。

ですから、長時間にわたって身体を動かし続けることに慣れることが必要なのです。

長時間にわたって身体を動かし続けるトレーニングとして最適な方法がウォーキングなのです。




試しに4時間かけて、一切止まらずにウォーキングをしてみてください。

あなたがマラソンの初心者であれば、1時間止まらずにウォーキングをすることでも、大変だと思います。

マラソンの初心者は、まずウォーキングで長時間にわたって身体を動かし続けることに慣れることが、マラソンが上達する早道です。


3.日常生活の中で練習ができる

たしかに、マラソンの初心者にとってウォーキングが大切だとしても、何かと多忙な中でウォーキングの時間を作り出すのは簡単ではないと思います。

そこで、日常生活にウォーキングを取り入れることをお勧めします。

例えば、エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使ったり、自転車での移動をウォーキングに変えてみたりするなど、いろいろと工夫をすることができます。

また、休日は山や野原にハイキングにでかければ、楽しみながらウォーキングができます。


3.まとめ

あなたがマラソンの初心者でしたら、まずはウォーキングから始めることが、マラソンが上達する早道です。

マラソンの初心者に、ウォーキングをお勧めするのは、ウォーキングはマラソンに必要な身体作りとして、安全で効果的だからです。

ウォーキングによって、マラソンの衝撃に耐える脚を作り、長時間にわたって身体を動かし続けることに慣れることができます。

日常生活にウォーキングを取り入れ、ぜひ楽しんで取り組んでみてください。