ランニング初心者が最も気を付けなければいけないのはふくらはぎの痛みです。

特にスピードを出す初心者ランナーにありがちな怪我なので是非読んで参考にしてみてください。


1.ふくらはぎに痛みが来ることについて

初心者ランナーがよく怪我をする箇所は膝です。

膝は初心者ランナーに限らず怪我をしやすい場所です。

しかしふくらはぎをけがするという人もいます。

ランニングでふくらはぎをけがする、もしくは怪我まではいかないまでも痛みが来るという人の多くはスピード系のトレーニングを積んでいることが多いです。

坂道などでトレーニングを積んでさらにスピードを出しているランナーに多いです。


1.初心者ランナーのふくらはぎの痛みについて

こんな言い方をするのはおかしいかもしれませんが初心者ランナーがふくらはぎを痛めてしまうというのは結構いいニュースだと思います。

もちろん痛みが来ない方がいいのですが、それだけトレーニングを積んでいるということにもなります。

ランニングでふくらはぎに痛みが来るということはそれだけ足のばねを使っているということなので走り自体は悪いわけではないと思います。

ただ練習量もしくはスピード面で筋力が追いついていないのです。

そのことを踏まえて練習量を減らす、もしくはスピードを落とすなどの対応をするのがいいでしょう。





2.ふくらはぎのケア

ふくらはぎのケアはランニング後のクールダウンが肝になってきます。

トレーニング後はふくらはぎを伸び縮みさせ疲労を抜くようにしてください。

お風呂でふくらはぎをもむというのも効果的です。

痛みまでいかないまでもちょっと張りがあるなと言う場合は(私はこの状態は結構いいトレーニングができていてベストな状態だと思っています)シップを貼ったり塗り薬を塗ったりしてケアしてください。

痛みが出てきたとき、張りが出てきたときの早急な対応が怪我を防ぐ最大のポイントとなってきます。


2.ふくらはぎに痛みが出てしまったら

ふくらはぎに痛みが出たら練習を休みましょう。

もしくは軽いジョギングに変えてください。

スピードを出さなければ再発することは無いと思いますが、きっとふくらはぎを痛めるランナーはスピードを出したがると思います。

そこを我慢して長い距離をゆっくり走ってみるとか、フォームをチェックすることに専念してスピード練習だけは避けてください。

そして坂道のふくらはぎに与える影響はかなり大きいので坂道だけは絶対避けてください。

昨日痛かったけど今日は痛くないからと言う場合でもすぐ再発するのでしばらくは様子を見るようにするといいでしょう。

とにかく無理をしないことがふくらはぎを痛めてしまったランナーの一番の薬です。