マラソンに初めて挑戦する初心者にとって、大会前日の準備は、これまでの練習によって上達した成果を存分に発揮する上で、とても大切です。

そこで、マラソン大会の前日に準備すべきことについて、ポイントを絞ってお伝えいたします。


1.初めてマラソンに挑戦する初心者が大会前日にすべきこと

マラソン大会の前日に、これだけは準備しておきたい、というポイントが7つあります。

ぜひ、マラソンに初めて挑戦する初心者は、これからお伝えする7つのポイントを、しっかりと頭に入れておいて欲しいと思います。


1.軽く走るようにしよう

マラソン大会に初めて挑戦する初心者にとって、どうしても大会の前日は気持ちが高ぶってしまい、精神的に不安定な状態になりがちです。

そんなときは、ゆっくりと30分くらい走ってみると気持ちが落ち着いてきます。

ただし、いくら気持ちが高ぶっているといっても、長い距離を走ったり、スピードを上げて走ることは控えておきましょう。


2.荷物を確認しよう

シューズにウエア、キャップ、サングラス、ゼッケン、計測チップ、着替え、タオルなど、大会会場に持っていく荷物は、たくさんあります。

あらかじめ荷物のチェックリストを作っておき、忘れ物がないか確認をしましょう。

当日の朝になってから荷物を慌てて準備する、ということは絶対に避けるべきです。


3.会場までの移動方法を確認しよう

会場までのアクセスや、電車やバスの時刻表を、いま一度確認しておきましょう。

交通機関が乱れたときに慌てなくて済むよう、複数の会場までのルートを調べておくと安心です。

また、会場には余裕をもって到着するよう、当日は少し早めに出発することも大切です。


4.天気を確認しよう

大会当日の天気予報は、欠かさず確認してください。




天気が悪いときは、持ち物の見直しや、少し早めに会場へ向けて出発するなどの検討も必要になってきます。

また大雪などの場合は、大会が中止になることもありますので、念のため大会のホームページなどで確認してください。


5.いつもと同じ食事にしよう

前日だからといって、特別に食事を制限する必要はありません。

お酒も、飲み過ぎず適量な範囲であればリラックス効果も期待できるため、飲んでも問題はないでしょう。

ただし万が一のことを考えて、お刺し身など、生ものは控えておいた方が無難です。


6.入浴とストレッチでリラックスしよう

少しぬるいお風呂に浸かって身体を温め、ゆっくりとストレッチをして、心身をリラックスさせましょう。

お気に入りの入浴剤を使うとリラックス効果が高まるため、特にお勧めします。

ただし熱いお風呂に入ると寝付きが悪くなることがあるため、たとえ熱いお風呂が好きでも、前日は控えておいた方が無難です。


7.早めに寝るようにしよう

初めてのマラソンに挑戦する不安や緊張、興奮などによって、寝付きが悪くなる可能性は十分に考えられます。

テレビを見たりインターネットをしたりすることは控えて、早めに寝るようにしましょう。

もし眠れなかったとしても、横になって休むだけでも、十分に心身を休める効果があります。


2.まとめ

初めてマラソンに挑戦する初心者にとって、大会の前日は、とても不安を感じたり、緊張や興奮したりすることでしょう。

そのような精神状態であっても、前日の準備をしっかりと行うことで、これまでの練習によって上達した成果を、大会で存分に発揮することができるはずです。

しっかりと準備をして、大会当日を楽しんで走ってください。