ランニング初心者がランニングを始めるのに躊躇する理由の一つとしてランニングが恥ずかしいという意見を聞くことがあります。

フォームがよくない、運動神経が悪い。様々なネガティブ要素がランニング開始に歯止めをかけているようです。

そんなランナー向けにアドバイスしたいと思います。


1.ランニングをするのは恥ずかしい

初心者ランナーでありがちなのがランニングを始めたいのに恥ずかしいということでランニングをできないでいる人たちです。

特に学生時代運動系の部活に入ったことが無い人にあることですがランニングフォームがきれいではないから走るのを見られるのが恥ずかしい。

もしくは学生時代走るのが遅すぎたためマラソンに挑戦したいけどトラウマがあるから躊躇してしまう。なんてことがあるかもしれません。

しかしどんなに遅かろうがフォームが悪かろうが気にすることはありません。

実際皇居周りを走っているランナーでめちゃくちゃだと思うフォームのランナーはいるしそこまで速くないランナーもいます。

それでも彼らは楽しそうに走っているし、私にはそれを恥ずかしがる必要もないと思っています。

初心者でも練習を積めば速く走れるようになるしランニングフォームもきれいになります。

それも特に誰かに教わらなくても自分の練習次第でそうなります。


1.ランニングをすることで得られるもの

恥ずかしいなどとネガティブなことだけ考えずにまずランニングで得られるものを考えるようにしましょう。




ダイエットをしたい、好きな物を好きなだけ食べたい(そして太りたくない)、健康を維持したい、若い体でいたい。

ランニングをすることでいくらでもそれらを満たすことが出来ます。

恥ずかしがることなんて何もないので走ろうと思うのであれば走っちゃいましょう。


1.ランニングのフォームについて

ランニング初心者が走るのが恥ずかしいと思う多くの理由はランニングフォームを気にしているからだと思います。

しかしランニングフォームは一人で走ってもきれいになります。

走っていくうちに体が楽な走り方を模索していくのできれいなフォームに近づいていきます。

また今ではランニングのテレビ番組もやっているのでそれを見るのもお勧めです。

ちなみに私が毎週見ているのはランスマと言うBS1でやっている番組です。

かなり本格的なので見てください。

ちなみに土曜日の18:25からです。


2.フルマラソンを完走すると

ランニング初心者にはちょっとハードルが高いかもしれませんがフルマラソンに挑戦してみてはいかがでしょうか。

フルマラソンを完走することによって走ることに関し自信を持つことが出来ます。また周りの目も変わります。

私はよく「マラソンをやっている」と言うのですが向こうは冗談半分に「じゃあフルマラソン走ったりするの(どうせ走ってないでしょ)」と聞いてきます。

私は「はい」と答えるとあっけにとられた感じで見られそこからはちょっとした尊敬のまなざしを向けられます。気分がいいですよ。