ランニング初心者は特に計画を立てず走れるだけ走ってしまうというランナーと、最初にフルマラソンにエントリーをしてしまいそこから焦ってランニングを始めるというランナーは結構います。

逆に計画を立てすぎて計画を実行できず終わることも。

ここでは計画的に走るということについて記載したいと思います。


1.ランニング初心者がやってしまいがちな計画の立て方

とにかくランニング初心者と言うのは無計画でガンガン走ってしまうという人がいます。

それでは行きつく先は怪我をして走らなくなるという結果につながりかねません。

例えば1キロ6分で走れるランナーであれば2キロ12分で走れるようになったら今度は2キロ11分30秒で走れるようにする。

それができたら3キロ18分で走れるようになる。距離を増やす→スピードをアップする→更に距離を増やすというように計画的にレベルアップを図ってください。

またそれとは真逆でがちがちにけいかくを練ってしまう人もいます。走るということがあまり分からないうちから今日は5キロ走る、明日は7キロ走る。

週末は2日で20キロ走るなど走る体になっていないのに計画先行になってしまうといずれ走るのが嫌になったり怪我をしたりします。

余裕を持った計画を立てるようにしてください。


1.余裕を持った計画を立てる

初心者は特に余裕を持った計画には必ず休養を入れるようにしてください。

いきなり毎日5キロ走るなんて言うのは体が悲鳴を上げてしまいます。

そうならないためにも2日走ったら休みを入れる。1日ごとに休みを入れる。

だけど1週間で15キロ走るなど緩すぎない計画を立てることも重要です。




ここで重要なのは仮に雨などで計画的に走ることが出来なくても無理にリカバリーしようとせず「そういうこともある」と割り切ることが重要です。

ランニング初心者は最初はやる気に満ちているという傾向にありますが重要なのは走り続けることです。

サボったりだらけたりしても走り続けるということを意識しましょう。


2.フルマラソンを走りきる計画を立てる

フルマラソンをエントリーして当選したため走り始めるようにしたというランナーも少なくないでしょう。

よく聞くのは東京マラソン当選しちゃったからランニングを教えてというものです。

いきなりフルマラソンを走らなければいけないということですがここではあまり欲張らず完走するという目標を立てていきましょう。

走りきるということと完走するということの違いは途中で歩くか歩かないかです。

フルマラソンまで時間がない場合はとくに歩くということを戦略に組み込み走る距離を徐々に増やす計画を立てていくとうまくいくと思います。


2. ランニング初心者がフルマラソンを3か月で走りきる計画

私はランニングをしようと思っている人に対して3か月あれば完走できるということを常々伝えています。

大体のマラソン大会は制限時間が6時間です。

これを3か月で達成しなければいけないわけですが、練習で42キロ走らせるということはしません。

上記のように距離を増やして→スピードアップをして、と言う基本ベースは変えないのですが簡単に言うと距離を増やして→距離を増やして→スピードアップをして、と言うようにして距離を増やすことを第一に考えるようにしてください。

どこまで速く走れるかと言うことでなくどこまで長く走れるかと言うことを意識して計画を立てるようにしましょう。