ランニング初心者の場合あまり速く走らないからウォーミングアップを省いて走り始めてしまうなんて言うランナーもいます。

速く走らないため怪我をしないかもしれませんが、まずは体を温めてからランニングをする癖をつけましょう。


1.ウォーミングアップを怠ると

ウォーミングアップを怠ってランニングをしてしまうと怪我をしやすいと言われています。

体が温まっていない状態でいきなり速いペースで走り始めると健や筋に負担をかけてしまうからです。

私はランニング前にいわゆるウォーミングアップと言うことはほとんどしていません。

それでも怪我をしない理由は走り始め2キロくらいはかなりだらだら走りますがそれがウォーミング代わりになっている為です。

ウォーミングアップの仕方は人それぞれでしょうけど初心者の場合は走る前に足を回したり健や筋を伸ばしたり縮めたりしてください。


1.ランニングをする準備をする

ウォーミングアップは何も肉体的だけの役割ではありません。

ウォーミングアップをすることにより集中力が高められ「よしやるぞ」という気分にさせてくれます。

自分なりのルーティーンができていたら(例えばストレッチから入って体をほぐしたら軽くジャンプをして徐々に体を温めてランニングをする準備をするなど)気分もそれなりに乗ってきます。


2.ウォーミングアップに力を入れすぎるランナー

しかし私はほとんどのランナーはウォーミングアップが長いんじゃないかと思っています。




ウォーミングアップが長いと二つのマイナス効果を生んでしまいます。

一つは気分が盛り上がっていかないこと。

まだ走れない、まだ走れないという状態が続くと結局だらけてしまう傾向にあります。

スタートから気分が盛り上がらず結局ウォーミングアップの効果がなかったということになりかねません。

もう一つは練習時間が長くなってしまうということです。

ウォーミングアップに時間を割いてしまうと練習時間の割に正味の練習が少なく結局上達しなかったと言う印象を持ってしまいます。

練習したのに上達しないというのは、練習した日より次に練習する日に対してマイナスイメージを植え付けます。

まずあれだけの量のウォーミングアップをしなければいけないのか、めんどくさいなと言う風になります。

なので多めのウォーミングアップは危険です。


2.レース前のウォーミングアップ

レース前のウォーミングアップですが、ばかみたいに速いペースで走っているランナーがかなり多いです。

速いランナーなのかもしれませんが明らかにそうでないランナーでもレースペース並みの速度で走っています。

初心者がフルマラソンに挑戦する際はストレッチ程度で走らなくていいです。

最初の5キロがウォーミングアップだと思って軽い気持ちで臨んでください。

初心者は特にウォーミングアップで体力(足の筋力)を使うんじゃなかったと後悔することになりますよ。