通勤ランをする際に雨は避けたいものです。

しかし走ってしまってから雨が降ったもしくは雨が降っているけどどうしても走っておきたいときはあるものです。

そうなった時にせめてしておきたい雨対策について記載したいと思います。


1.通勤ランでも雨がないとも限らない

多くの通勤ランを行っているランナーでも雨の日に走るという人はそんなにいないと思います。

しかし走っているうちに雨が降ってきた、もしくはレース前だから雨だというのを承知の上で走っておきたいというランナーもいると思います。

まず重要なのは通勤ランをするランナーは天気予報を見ることです。もし雨が降りそうなのであればカッパを用意してください。

カッパでなくても防水性の高い上着を着たり、最悪ゴミ袋を身につけるのもいいでしょう。

ゴミ袋に腕部分と頭部分の穴を開けておけば簡易的なカッパになります。

防水性があるだけでなく体温低下を防ぐのでお勧めです。

ちなみにこのゴミ袋ですが雨の日のレースなどでは身につけているランナーはかなり多いです。

(と言ってもトップランナーや上位ランナーで身につけている人はいませんでしたが)そして雨の日に走る場合はタオルを多めに用意しておいてください。

私も通勤ランをするのですが雨の予報だと大きいタオル一枚と小さいタオル2枚を用意しています。


1.これだけはしておきたい雨対策

シャワーが完備されている会社ならいいのですが、そうでない会社の方が圧倒的に多いと思います。




そういった方に用意しておいて欲しいアイテムですがゴミ袋(上記にも挙げた通りいろいろと使えるので仮に身につけなくてもあった方がいいです。

また汚れ物を入れることもできるので2、3枚持っておくことをお勧めします)タオル2、3枚、靴下3足、新聞紙4?5枚(いろいろ使えます)、予備の小さいバッグ(何かの時のために濡れていないバッグを用意しておいた方がいいでしょう。


2.通勤ランで濡れたシューズは乾かしておくこと

通勤ランで雨が降っている場合シューズは濡れます。

濡れたシューズはそのままにせず紐を緩めて中に新聞紙を突っ込んで水分を吸収させてください。

また一度濡れた靴は異臭を放つので乾いたらファブリーズなどを吹きかけて臭いがこもらないようにしておいてください。

たまにシューズを乾かしただけでまたそのシューズをはいて通勤ランをするランナーがいますがその人が思っている以上に臭いがきついので注意しすぎることはないと思います。

周りへのエチケットも十分に行ってください。


2.雨の日はタオルを多めに

雨の日はタオルをという話を上記でしましたが、気温の低いときは特に多めに持っていてください。

お勧めなのは会社に何枚か予備を置いておくことです。体が冷えていてそのままにしておくと風邪をひいてしまいます。

タオルで体を拭くのはもちろんのこと肩掛けやひざ掛けにも使えるのでやはり多い方がいいです。

寒い日のお勧めはドライヤーや暖房機器の近くにタオルを置いてあったかくしてそれを使うことです。

かなり気持ちいですよ!