マラソンでタイムを縮めるのに手っ取り早い方法はランニングの距離を増やすことです。

そしてランニングの距離を増やす一番のおすすめ方法は通勤ランを行うことです。

ここでは通勤ランを行う際のシューズについて記載します。


1.通勤ランを行う上で重要なこと

通勤ランをする際に一番気をつけておかなければいけないことは怪我をしないことです。

通勤ランに限らず怪我をするのは一番気をつけなければいけないのですが通勤ランでは特にその後に仕事を控えているため怪我防止に一層注意しなければいけません。

ここで一番重要になってくるのはランニングシューズです。私が一番やってまずかったのはレース用に近いソールの薄いシューズを使用したことです。

レース用に近いためクッション性が少なく速いのは速いのですが足裏に怪我をしてしまいました。

足裏の怪我のため座っている分には特に問題はないのですが例えばコピーをしに行ったりファックスを取りに行ったりするだけで痛みを伴いました。

さらにシューズが軽く走りやすかったということもありスピードを出したら案の定疲労がひどく仕事どころではありませんでした。

走るために通勤をしているわけではなく通勤の一つのツールとしてランニングを行っているのでそこのところは肝に銘じておいたほうがいいでしょう。

?

1.普段使うランニングシューズ

みなさん普段使うランニングシューズはどのようなものでしょうか。

レース用のシューズはソールが薄いようにできています。

レースの目標タイムによって機能性が違ってくるのですがサブ3用のシューズなんていうと軽さと速さを究極に求めているのでクッション性は薄いです。




もしランニング初心者のランナーがそんなシューズをはいてガンガンスピードが出る練習ばかりしていたら一瞬で怪我をしてしまいます。

サブ4を目指すランナーが上をみてサブ3用のレースシューズを購入したいという気持ちは分かりますが(私も実際そうでした)自分のレベルにあったシューズを履くのが結果的にベストタイムを出すことができますよ。

ちなみにトレーニングではクッション性の高いソールが厚いシューズを履くのをお勧めします。まずは怪我をしないことを最優先にしてください。

さらに厚いシューズでトレーニングをこなして軽いシューズでレースに臨むとレース序盤はその軽さにどこまでも走れると思うことができます。


2.通勤ランで使うランニングシューズ

通勤ランでお勧めなのはクッション性の高いシューズに加え通気性のいいシューズを履くことです。通気性が悪いと臭いがこもります。

なんだかんだ自分では気にならない臭気が周りに漂うこともあります。通勤ランを行うのはいいですが周りの人に不快感を与えてはいけません。周りを気遣って通勤ランを行ってください。


2.レースで使うランニングシューズ

レースではとにかく速さを求めるシューズが最適です。

練習で使うシューズは若干大きめのシューズを履き足に圧迫感を与えない方がいいですがレースではぴったりサイズの方が無駄がなくてお勧めです。

しかし自分のレベルにあったクッション性のシューズを選ぶようにしてください

(レベルによってクッション性が違いサブ5レベルの人がサブ3レベルのシューズを履くのは怪我のリスクを考えてお勧めできません)