マラソンは言うまでもなく途轍もない長丁場です。

その長丁場を乗り切るために、スタミナの絶対値を上げることはもちろんですが、『いかにスタミナの消費を抑えるか』も大きなポイントでしょう。

今回はスタミナを抑える走法『ピッチ走法』について紹介しようと思います。


1.走法の違いとは

走り方には大雑把に2つの種類があります。

『大きく力強く走る』か『小刻みにテンポよく走る』かです。

前者は『ロングストライド走法』、後者を『ピッチ走法』と言います。

ロングストライド走法は多くの黒人選手、マラソンの日本記録保持者である高岡寿成選手、女子では野口みずき選手などが当てはまります。

この走り方は、とにかく足の運びを大きく力強くすることで、地面をしっかり捉えてスピードが出せる反面、スピードの切り替えに弱く、上り坂、向かい風などの抵抗の大きな場合の足腰への負担が大きくなってけがをしやすくなってしまうと言うデメリットがあります。

スピードは出せるが怪我をしやすく、切り替えが難しい、ロングストライド走法はランニングがある程度上達した選手に向いた走り方と思われます。

一方、ピッチ走法は一流選手では高橋尚子選手、元祖山の神ことトヨタ自動車九州の今井正人選手などが有名です。




この走法は文字どおり小刻みにピッチを刻んで進む走り方で、一定のリズムで足を進めることから、風や坂などの変化に強く、スピードの切り替えもスムーズにできますが、一歩一歩が小さいため絶対的なスピードが出にくくなります。

また、ロングストライド走法に比べて体の動きが小さいため一歩一歩の負担も小さくなり、怪我もしにくくなります。

特に初心者の方であれば、ピッチ走法の方が実力を出しきりやすいと思います。


2.マラソン初心者のピッチ走法のやり方

それではその初心者向けのピッチ走法のやり方を紹介していきます。

と言っても、ロングストライド走法よりも無駄なく走れることがこの走法のメリットですので、技術的な難易度はそれほど高くありません。

重要なのは前述の通りリズムを一定にすること、これに尽きます。

そのリズムは人によりますが、跳ねないで最短時間で接地と蹴り出しを繰り返すので、相当早いイメージです。

そして技術的な最大のポイントは腕振りにあります。

この腕振りはメトロノームのような役割があり、リズムを生み出す原点になるため、正確かつ一定の腕振りが求められます。

マラソン初心者の方にとっては、技術的な上達のためには肘をまっすぐ、一定のリズムで腕を振れるような練習を取り入れてみるのは良いかもしれません。

ピッチ走法をマスターすればマラソン時のスタミナの消費を抑えることができるようになるため、ラストの苦しくなったところでの粘りが出てくるようになるでしょう。