マラソンでタイムを縮めるためにはトレーニングが必要不可欠です。

しかしどうせトレーニングをするなら効果的なトレーニングをする方がいいです。

ここでは足の使い方の効果的なトレーニングを紹介したいと思います。


1.マラソンを速く走るということを知る

マラソンを速く走るというのを考えたことがあるでしょうか。

走る速度はストライド×ピッチで決まります。

適正と言うのはあると思いますが、どちらが自分に適していると考えるのではなく自分がどういうフォームで走りたいというので決めた方がいいかもしれません。

そうすることでランニングを楽しく続けられることができます。

しかしある程度トレーニングを重ねタイムが上がりきったら違うランニング練習をする、もしくは練習量を増やすというのが必要となってきます。

そのような状況に陥った時、ストライド走法で走ってきた人はピッチ走法でトレーニングし、ピッチ走法で走ってきた人はストライド走法をすることをお勧めします。


1.ピッチ走法で走ってみる

ピッチ走法で意識するフォームはただ一つ足を速く回転させるということです。

ストライド走法で走ってきたランナーにとってはスピードが遅く感じられるフォームだと思うのですが、スピードを落とさずまず1キロを走りきってみてください。

できたら1キロ伸ばし走りきってみる。

そうやって距離を伸ばしピッチ走法を身に着けてください。

距離が伸びれば伸びるほどピッチ走法が身についたということになります。

マラソンで足に疲労がたまったと感じたらピッチ走法へ変えてみてください。




多少足の休憩を取ることができます。


2.ストライド走法のフォームで走ってみる

ストライド走法で意識することは一歩を大きくと言うことです。

ピッチ走法に慣れた人は足の疲労が激しく感じられるかもしれませんが、自分が走れるペースと同じスピードで走りきってください。

特に女性やおなかに肉がついているランナーにとってはかなりしんどいと思いますができる限り長い間ストライドで走ってください。

ストライド走法を身につけたらランニングスピードを上げることにもなります。

フルマラソンを何度もこなしているピッチ走法のランナーが10キロ走やハーフマラソンなどに出た際、ストライド走法を使用すれば、走るスピードが上がっているので一気にタイムが縮まります。


2.足を重い状態でトレーニングをする

ランニング練習では足が重い状態でする方がいいと思います。

怪我をしない程度に足に疲労を溜めに溜めて大会で軽い状態で臨む。

そうすることでただ軽いだけでなくそれまでの反動があるのでいつまでも走れるという感覚になります。

ではどうすればそこまで重い状態を作るかと言うことなのですが、長距離を走った最後に長めのラストスパートをわざと組み込むということです。

それを連日行い「今日はもう走れない」と言う状態まで追い込むのです。

その状態でゆっくりでもいいから目標距離数を走りきってください。

地獄のような日々が続きますがマラソン前日(フルマラソンを走るという前提ですが、「これまでの練習を比べれば42.195キロ走るだけでいいのか」と思えるようになります。