走るにあたって、当然ながら重要になってくるのは下半身です。

しかし、実はあまり関係なさそうな上半身、特に腕振りは走る上でかなり重要な要素を含んでいます。

ここではマラソンを走る上で重要な腕振りについてまとめてみようと思います


1.腕振りの重要性とは

走る上で直接の推進力になっているのは、当然足による地面へのキックです。

それを左右繰り返し行うことで推進力となっていきます。

さて、では足がきっちり動けばスムーズに走れるのかというと、そうではありません。

試しに『腕組み』をしたまま走ってみればわかりますが、体のひねりがうまくいかず、速く走れないことがわかります。

つまり、ランニングにおける腕振りは、体のひねりを生み出す役割を果たしているわけです。

より細かく見ていくと、腕を振る反動で体をひねり、足が前に出ていくというイメージです。

もちろん、実際に腕の動きが足を動かしているわけではありませんが、腕振りはランニングにおけるリズムを生み出し、力学的には足の動きに対する『カウンターウエイト』の役割を果たしています。

腕の動きは、ランニングにおいて『指揮者』のような役割になりますので、上達してくると、腕の振り方を変えることで走り方のリズムを変えることも可能です。




具体的には、上り坂などでピッチを上げて登り切りたい時などに腕振りのリズムを小刻みにするなどの応用が可能になります。


2.理想的な腕振りとは

マラソンを走る上で理想的なフォームは、何よりも『無駄な動きが少ないこと』です。

これは腕振りにおいても同じで、腕振りに無駄が多いとそれだけで疲れてしまうことはおろか、本来の役割であるカウンターウエイトの役割が果たせず、ランニングにリズムが出てきません。

それだけに腕振りの動きというのは役割としては重要です。

とは言え、動き自体はそれほど難しいものではなく、注目すべきは『肘』、ここにつきます。

オリンピックなどのマラソンレースや箱根駅伝等で見る一流ランナーの腕振りの仕方は腕の置き所からして実に様々で、むしろ個性が出ているところと言えます。

しかし実は肘の動きに注目すると、全員まっすぐ振れているのがわかるかと思います。

前述のように腕の動きはカウンターウエイトなので、その重心である肘の動きは、足の動きに対照的でなければなりません。

足をまっすぐ前に出せるように、肘の動きをまっすぐにしてやることが重要ですが、上達してくると、そのポイントをおさえた上で自分の自然な位置に手を起き、肘の動きを誘導していけば良いでしょう。

腕振りは重要ですが要所をおさえれば決して難しくはありません。