ランニングの理想的なフォームとはなんでしょう。

パッと思いつくのは、力強く地面を蹴り、背筋を伸ばして足は大きく前へ出し、地面を捉える、肩の力を抜いて腕振りは大きく、こんな感じでしょうか?

今回は特に地面への蹴り出しにスポットを当て、理想のランニングフォームをまとめてみようと思います。


1.飛ばない、はねない、蹴らない

『飛ばない、はねない、蹴らない』、高橋尚子さんが言われている、フルマラソンの完走のための極意です。

あれれ、『蹴らない』って言ってます。

これは高橋さん曰く、フルマラソンはとにかく自分の体力の限界まで追い込まれる競技なので、とにかくスタミナの消費を避け、走るのに必要なエネルギーのロスを最小限するための技術と言えます。

そうは言っても、実際世界のトップランナーの黒人選手などは実に軽やかに地面を蹴って進んでいますし、そもそも全く蹴らずに走ることなど不可能です。

実はこれには走り方そのものに大きな違いがあることからきています。

ランニングには、『ピッチ走法』と『ロングストライド走法』という2種類があり、高橋さんは前者、前述の黒人選手は後者の走り方をしています。

『蹴り』の面で言えば、ピッチ走法は確かに『蹴らない(蹴りの小さい)』走り方ですし、ロングストライド走法の見た目の最大の特徴はその蹴りの大きさにあります。




これらの違いはどこから来るのでしょうか?


2.ピッチ走法とロングストライド走法の違い

ピッチ走法とロングストライド走法の違いについてまとめると、ピッチ走法のポイントはズバリ『リズム』です。

ある一定のリズムで足を運ぶことで、風や坂に強く、常に一定の結果が出やすい走り方になります。

このリズムは基本的には相当に早いもので、とにかく休みなく足を前に出していくイメージです。

安定しており、怪我もしにくいため、ピッチ走は初心者にオススメの走り方と言えます。

一方、ロングストライド走法は、一歩一歩の蹴り出しが重要な走り方です。

このため足の筋力が非常に重要で、足への負担も非常に大きい走り方ですが、スピードが出やすくなります。

技術的に高いレベルが要求されるため、走り込んで上達した人にはオススメですが、初心者は筋力的な問題や、フォームが安定していないと負担に負けて怪我をしてしまうことがあります。

高橋尚子さんの提唱する『飛ばない、はねない、蹴らない』というのは、初心者にオススメのピッチ走法をする上での必要なファクターと言えるかもしれません。

もちろん、技術的に上達してこれば、ロングストライド走法、あるいは、状況に応じてこれら2つの走り方を使い分けるような走り方もできるようになるでしょう。