マラソンではある時期から、「着地はつま先から行ったほうが良い」という考え方が話題になりました。

しかし昔から言われているのは「着地は踵からするほうが良い」という考え方です。どちらが良いかは、なかなか結論が出そうにありません。


1.新しい着地方法が注目されるようになった理由

あなたは「フラット着地」「フォアフットランニング」といった言葉を聞いたことがあるでしょうか。

フラット着地は、足裏全体で同時に着地すると良いという考え方、フォアフットランニングは足の前のほうで着地すると良いという考え方です。

いずれも、従来から言われていた踵から着地する考え方とは異なる、新しく取り上げられるようになった着地方法です。

なぜこのような考え方が出てくるようになったのでしょうか。2つとも、「踵から着地するとブレーキをかけることになってしまう」という考えが基本になっています。

加えて最近、トップレベルのアフリカ人ランナーのフォームを解析すると、彼らが皆フォアフットで着地していることが明らかになりました。

そこで、「速い人はフォアフットで着地している」「フォアフットで走れば速くなる」というイメージが一気に広まるようになったのです。


2.スピードによって変わる私たちの着地

ではなぜ、今までは踵からの着地が良いとされ、実際に多くのランナーたちが踵着地でランニングをしてきたのでしょうか。




それには、歩行と100m走という極端なスピードでの着地がどうなっているかを考えるとヒントが得られます。

まずは歩行時、私たちは必ず踵から着地します。そして指先に向かって順に地面に接していくことで、地面からの衝撃を吸収します。

これが逆に100m走になるとつま先から着地することが、トップスプリンターのフォーム解析の結果から分かっています。

そしてその間のスピードで走り続けるマラソンは、今までは踵着地がスタンダードでしたが、最近は前足部で着地するほうが良いのではないかという考え方が注目されていることになります。

ここから分かることは、私たちはまずは踵着地で歩き始め、だんだんスピードが上がるにつれて踵着地と前足部着地を使い分けるようになるということです。


3.形から入るのではなく、自分に合った動きを探そう

このように考えると、ランニングではどのように着地したらいいかという問いに対する答えは、その時のランニングスピードによると言うことができそうです。

ジョギングなら踵着地、インターバルならフォアフットなどのように、練習内容によっても変わってくるかもしれません。

実際、どんな練習でも全面的にフラット着地やフォアフットランニングに変えようとして、逆に故障してしまったというランナーもたくさんいます。

大切なことは形だけを真似するのではなく、自分のフォームやスピードに合った動きを見つけることです。着地の問題は、その結果として表れるものだと考えると良いでしょう。