マラソンに限らず、どんなスポーツでもフォームは重要です。

特にマラソンにおいては、フォームの乱れは体の特定部位への集中的な負荷なり、最終的に故障の原因になってしまいます。

ここでは、特につま先の使い方で起こってしまう故障とその予防方法についてまとめていこうと思います。


1.ランニングフォームとつま先

前述しましたが、どんなスポーツでもフォームというのは重要です。

水泳であれば水の抵抗を減らすため、ピッチングやバッティングであればバットやボールに力を効率よく伝えるため、それぞれのフォームは絶えず研究されています。

マラソンについても同じですが、他のスポーツと決定的に違うのは、ランニングはほとんどの人が人に教わらずにできてしまうため、フォームを意識する頃には癖がついてしまっていることです。

このため、『走る』という最も基本的な動作であるにもかかわらず、ランニングフォームというのは千差万別です。

短い距離ならば『癖』で済むかもしれませんが、これが42kmも走るマラソンになると、少しのズレが大きな違いになってきます。

特に、今回注目するつま先については、靴を履いて早く動いているので、他人と比較することもあまりないわけですが、実はこのつま先の動きに故障の大きな原因が潜んでいます。


2.つま先の動きから発生する故障とその予防

つま先の動きによってマラソンの走行に支障をきたす故障を引き起こす可能性があります。




その前に、ランナーに起こりやすい故障のツートップが腸脛靱帯炎と足底筋膜炎です。

これらは疲労も大きな原因のため、技術の上達と関係ないところで起こりうる障害という意味では、ランナーが起こしやすい故障の最たるものです。

これら二つとも、それだけが原因ではありませんが、つま先の使い方が大きな部分を占めていると言っても良いでしょう。

前者、腸脛靱帯炎は足がガニ股状に出ている人が体の外側にある腸脛靱帯を使いすぎてつっぱってしまい、膝の関節との間の擦過によって炎症を起こしてしまうものです。

体が開いてしまう際に起こりうるので、体を閉めることで防ぐことができます。

つま先を使った予防としては、母子球を意識し、内腿の筋肉を使うようにして走れば、バランスは大きく改善するでしょう。

後者、足底筋膜炎は足の裏側の過剰な“ひねり”が直接の原因です。

また、靴の中で足の指を握っているような走り方をしていると足底筋が緊張してしまい、この故障が起こりやすくなります。

これを予防するには、つま先の力を抜き、自然な形で母子球に力が加わるようにすることです。

マラソンは練習で上達していくと、走れる距離が伸びるので、どんどん楽しくなりますが、ランニングのフォーム自体はなかなか変わりにくいものです。

技術的なフォームのチェックを特につま先で行うことで、怪我の予防にも役立ちますので、ぜひ試してみてください。