ランニングのベースはあくまで『足の動き』です。

とはいえ、その足の『支点』となっているのはあくまで『腰の動き』であり、この腰の動きがランニングのフォームを形成している重要な要素と言えます。

ここではランニングフォームの中で腰の動きに着目してまとめていこうと思います。


1.腰の動きの意味

ランニングにおいて、腰はそのひねりによってストライドを生み出し、それが推進力となって前進します。

腰のひねりが大きければストライド走法、小さく小刻みであればピッチ走法になるわけです。

腰の動きが小さいままストライドを確保しようとすると太ももを大きく上げなければいけないほか、地面に対して十分に力を伝えることができません。

野球のピッチングで言うところの『手投げ』のような状態になってしまうわけです。

ランニングにおいて、『足だけで走る』ような状態になるのは、負荷の大きなマラソンにおいては負荷の一極集中を招き、リスクが大きいと言えるでしょう。

それだけに、支点となっている腰の動きは無理なくストライドを確保できる他、負荷を分散させると言う意味においてもランニングの技術の上達に不可欠な要素と言えるでしょう。


2.腰の動きの注意点

ランニングにおいて、腰の動きが重要なことは上記の通りですが、闇雲に腰をひねっていれば良いと言うわけでもありません。




効率よく動かせなければスタミナのロスが大きくなるばかりか、人類の敵(笑)、腰痛の原因にもなります。

まず、腰の動きを生み出しやすくするのが、腕振りです。

肘をまっすぐ引くこと、これが腰のひねりを生み出す第一歩になります。

道ゆく市民ランナーを見ていると、肘がまっすぐ振れていないために体が開いてしまっていたり、腰のひねりが出せていない人をよく見かけます。

肘が振れていると、反動で腰の逆側が前に出る動きになるため、腰のひねりを生み出すことができますが、それがまっすぐでない場合、例えば肘が体の外に触れてしまっている場合、腰のひねりが小さく、ストライドが確保できません。

逆に肘が背中側に振れ過ぎている場合、腰のひねりが大きくなり過ぎてロスが大きくなります。

肘から下の手の動きは無視してあくまで肘の動きだけに注目すると、肘がまっすぐ振れているか否かが、腰の動きの要になっていることがよくわかります。

なお、腰を故障すると長引くことが多いため、故障の予防のために、筋トレ、特に体感トレーニングで腰周りの筋力を鍛えて置く必要があります。

腰の動きはランニングの技術の上達において非常に重要ですが、筋トレ等による補強運動が必要不可欠です。