ランニングフォームで気にしなければ幾つかありますがフルマラソンほどの長丁場の場合蹴り足に意識する必要があります。

初心者はそこまで意識する必要はありませんが上達を目論んでいるランナーは蹴り足を強くするのが大切です。


1. 蹴り足を速くしてスピードを上げる

距離を度外視した場合ランニングスピードを上げる手っ取り早い方法は蹴り足を強くするということです。

蹴り足を強くして自分のお尻に足がつくぐらいまで上げたらスピードが一気に上がるでしょう。

しかしそれはダッシュに近いため長くは続かないでしょう。

ただ、この蹴り足をここまで上げるとスピードが出るということだけは頭に入れておいてください。


2.蹴り足を強くする意識をする

蹴り足が強いか強くないか図る方法は二つあります。

一つはかかとがどこまで上がっているかというとです。

かかとがお尻につくくらい上がっていれば相当強い蹴り足です。

初心者ランナーはランニングの際お尻につくほど蹴り足を上げるのは短距離でしかしたことがないと思います。

しかし上級ランナーはそれに近いくらい蹴り足をあげています。




もう一つはスネが地面に対してどれくらいの角度かというところです。

私は一度サブスリーほどのランナーですと地面と蹴り足のスネが平行になっていると言うのを聞いたことがあります。

自分では分かりづらいですが止まって片足を上げ地面と平行にしたらどれくらいの足を上げなければいけないかが分かると思います。

今上げている自分の蹴り足の角度を客観的にとらえ今以上にあげるんだということを意識してみてください。

距離をこなすうちにそれは自然のものとなって蹴り足を強くしてもいきなり息が切れてしまうということが無くなります。


1. 強い蹴り足を持続させる

大事なのは蹴り足を強くするということより強くした蹴り足を長時間持続させるということです。

ある一点だけ早くてもマラソン上達にはつながりません。

長時間持続させるために強くした蹴り足を徐々に弱くしてみると言うのも手ですが、
せっかく作った速くなるきっかけを手放すのはもったいないのでひたすら練習して長い距離に耐えられるようにするのがオススメです。

疲れたら足蹴り足を弱くして元のフォームに戻し体力が回復したらまたチャレンジをすると言うのが一番の近道だと思います。