マラソンを走るために重要なのはランニングフォームです。

腰が曲がり過ぎていたり、肩が上がり過ぎたりしていると、腰に負担がかかっている、もしくは変なところに力が入っているということになります。

楽に走れるフォームを身につけてください。


1.力を抜いて走る

初心者がマラソンを走れるようになるランニングフォームを身に着けるアプローチ方法は大きく分けて二つあります。

一つはゆっくりした動きから徐々に早くしていく方法です。

これはスムーズに行うことができるのでランニングフォームが崩れた時にも使えます。

もう一つは比較的速い動きからペースを落とす方法です。


1.歩く、早歩きをする、小走りをする、走る

マラソンを走りきるランニングフォームが分からない、自分に合ったランニングフォームが分からない、そもそも自分のランニングフォームは汚くないか。

そういう不安を抱えている人について誰にでもできるランニングフォームの作り方を教えます。

まず歩きます。

しばらく歩いた後に急いでいる感じで早歩きをしてください。

更にしばらく早歩きをした延長で小走りをしてみてください。

最後にそのフォームのまま力まず早く移動してみてください。

ポイントは小走りからスピードを上げる際に余計なことをしないということです。

早くしなければいけないから腕を強く振ろうとか、蹴り足を強くしようと言った考えは捨ててください。




ちょっと急いでみるという感覚のままスピードをあげたら楽です。

スピードが上がったらそのペースを保ち長距離走ってみてください。

それがあなたの最も楽に長距離を走るランニングフォームです。


2.スキップをする、走る

それとは逆にちょっと速く、且つ長く走ろうと思っている人はそのような工程を取らず、最初スキップをしてみてください。

2、3回スキップをした後にそのまま走るとスキップをした時の体の角度がそのまま残っているため(若干前傾姿勢)スピードに乗りやすいです。

私はいつもこのスタートをするのですが、信号待ちした後この走り出しをすると初速がそこそこ早いので気持ちいいスタートを切ることができます。

それでいて力が抜けているのでそのスピードを維持することも難しくありません。


2.走りながら脱力をする

走りながら脱力をするのは長丁場走る上で重要になってきます。

気が付いた時に肩をだらっと下げまた同じように腕を振る。

肩を回すのもいいでしょう。

走っている際に足を思い切り曲げお尻に着けるというのも効果的です。

とにかく同じ動きをずっととり続けなければいけないので走りながら体をリラックスさせることができるのは強みです。

より長く走るために疲労は分散させ、一点に緊張を集めないようにすることが長距離を走る上での効率的なランニングフォームを作るコツとなるでしょう。