ランニングの際ピッチを上げることで足への負担を減らし、スピードアップすることが可能です。

しかしピッチを速くしようとしすぎるあまりストライドが短くなるランナーも少なくありません。

ストライドをあまり変えずピッチを速くする練習方法を紹介します。


1.ピッチを上げるとは

マラソンのタイムはピッチ×ストライドで決まります。

構造は簡単ですが、ピッチを速くしたらストライドは短くなります。

逆にストライドを長くしたらピッチは遅くなります。

どちらがいいランニング走法と言うのは一概に言えませんが、私は、そこは好き嫌いで決めていいと思います。

むしろ決めるというよりは、ランニングをこなしていくうちに勝手に自分の適性の方向に進んでしまいます。

しかしストライド走法のマラソンランナーでもピッチ走法を使えたらその分だけ筋肉の使い方が変わるのでできるに越したことはありません。


1.足に負担が来たらピッチ走法に切り替えてみよう

足に疲労がたまったと感じたらピッチ走法に切り替えてみるのがお勧めです。

ストライド走法は一歩の幅が大きいため速いのですが、その分足にかかる衝撃は大きいです。

一般的に走る際に足にかかる衝撃は体重の3倍と言われていますが、ストライド走法の場合足への衝撃がさらにかかります。

疲労度を分散させるためにピッチ走法を使い、足を休ませるテクニックを身に着けた方が圧倒的に有利です。




また、坂道ではピッチ走法に切り替えてスムーズに上り下りした方がいいです。

特に下り坂でストライド走法を使うと相当早く感じられるのですが、その後の足の疲労度はものすごいことになってしまうので意識的に歩幅を狭めピッチ走法を選択してみてください。


2.周りのランナーのピッチに合わせてみる

ピッチ走法に切り替える際、意識的に歩幅を縮めるというのもいいのですが、それだと自然に元通りになってしまうことがあります。

そうならないために周りでピッチが速いランナー(自分と同じくらいの走力の人がいればベストなのですが)の歩幅に合わせて走ってみてください。

最初歩幅があわず難しいのですが、合わせてみると「結構遅いな」と感じることができます。

しばらくピッチを合わせ、感覚的にピッチ走法を覚えてください。


2.どこでもできるピッチ走法の練習方法

ピッチを上げる練習はどこででもできます。

階段があれば同じ段を登って降りて登って降りてと言う行動を何度も繰り返してください。

徐々に早くし、最後はダッシュのように手も付けて自分の限界まで速くしてみるとピッチが速くなっていきます。

1分間の記録を測ったり、100回のタイムを計測したりして記録に没頭したら自分の記録の上がり具合にびっくりします。

雨の日でもできるので楽しんでピッチ走法を身に着けてください。