ランニングでダイナミックなフォームと言ったらストライド走法でしょう。

一歩一歩が大きくフォームがきれいに見えます。

ここではストライドを広くしてランニング上達ができるようアドバイスをしていきたいと思います。


1.ストライド走法とは

ストライド走法とは一歩一歩を大きくとるランニングフォームを指します。

有名な選手で言うと野口みずき選手の走り方は典型的なストライド走法だったと思います。

ダイナミックな走りで見るものを魅了します。また同じスピードでも一歩一歩が小さいピッチ走法より見た目早いです。

私はストライド走法なのですが見た目だけだとピッチ走法よりかっこいいと思っています。またスピードに乗ったときは手がつけられずピッチ走法では太刀打ちできないと思います。

しかしデメリットもあるのでストライド走法が絶対にいいとも言い切れません。

むしろあまり奨励されないのではないかと思います。

それでも脚力があるサッカー経験者や中距離から長距離に転向したというランナーにはお勧めの走法です。


2.スピードアップにはストライド走法が手っ取り早い

マラソンに限らず走る際にスピードを上げ上達すると言ったら手っ取り早い方法が遠くに飛ぶ=歩幅を広くする=ストライドを大きくすることです。

同じ歩数で一歩あたりの幅が増えたら確実に速くなり上達しています。

ここでやってしまいがちなのが遠くに飛ぼうとして上に飛んでしまうことです推進力を前にかつブレーキがかからないようにそれでいて長時間それを持続させる。

それが完璧なストライド走法でしょう。もちろん簡単にできるわけはありませんが原理はそういうことです。

極端に言ってしまえば短距離のランニングフォームをそのままマイルドにした感じがストライド走法です。

また簡易的なストライド走法の作り方ですが二人一組になって一人が走る係、一人がランナーをささえる係りにします。

走る方は状態を斜め前に倒しその場で足踏みをします。支える係は10回程度ランナーが足踏みをしたら手をどけて支えを解除します。




そうするとランナーは推進力で前に進みます。この際体を前に倒せば倒すほど一歩が大きくなりますので実際やってみてください。

もちろん倒しすぎるとブレーキがかかるのでブレーキがかからずかつ最大限のスピードが出せる、持続させることができる角度がベストのランニングフォームです。


1.ストライド走法を身につける

ストライド走法の作り方は記載しましたがはっきり言ってストライド走法が不向きの人もいます。

野球のドラフトのように自分はこの球団に行きたいけど縁がなかったというのと同じように向いていないのにも関わらずストライド走法を選択すると怪我をしてしまいます。

しかしダッシュをしてみる、下り坂で飛ぶように下りる、階段で三段飛ばしをしながら駆け上がるなどのトレーニングを積めばストライド走法になります。

また一番効果があるストライド走法の作り方は大人数での練習やレース中にストライド走法のランナーのトレースをすることです。

ストライド走法のランナーの後ろにぴったり付き歩幅を合わせるのです。そうしたら自然とストライド走法が身につきます。

それがいいか悪いかは別としてストライド走法を身に付けたいのであればやってみるのをお勧めします。


2.ストライド走法のデメリット

この記事を見たらストライド走法が完璧に見えてしまいますがはっきり言ってデメリットは多いです。

まず足に負担がかかるということです。

超極端に言うと極度なストライド走法というのは永遠と三段跳びを繰り返しているようなものだと思ってください(もちろんそこまで広いストライドを生み出すことは不可能ですが)絶対に筋肉に負担をかけているため怪我をすると思いませんか?

さらにリズムが取りずらいのもネックです。歩幅が短い場合トットットットという感じなのでリズムが取りやすく自分も乗っていくことができスムーズに走れます。

しかし歩幅が広いとボンッ 、ボンッという感じでリズムが取りずらく疲れが来るのが早いです。

練習を重ねないうちにいきなりストライド走法にするのはお勧めできません。