ランニングを上達させようとするランナーは長い距離を走るようになったり
スピードをあげてトレーニングするようになったりすることでしょう。

しかし原点に戻りウォーキングをしてみるというのも効果的です。

意外にウォーキングのフォームがいい影響を及ぼすことがあるかもしれません。


1. バカにできないウォーキング

ある程度ランニング歴があるランナーが上達を試みてランニングをフォームを改善しようと言うことがあると思います。

私はスピードを上げようとするあまり強引にランニングをフォームを変え怪我をしてしまったランナーを間近で見たことがあります。

スピードを追求しようとすると負担がかかるのは目に見えています。

それならばと逆の発想でウォーキングに注目してみましょう。

まず普通にウォーキングをしてみてください。

徐々にペースを上げ、早歩きをしてみてください。

さらに速度を上げ早歩きでは限界がきたら走ってみてください。

それがあなたの自然のランニングフォームです。

忘れないように何度も何度も繰り返してみて下さい。


1. ランニングにウォーキングを織り交ぜる

ランニングにウォーキングを織り交ぜてみて下さい。




速さの他に異なる点はあるでしょうか。

なければそれがあなたに一番合ったランニングフォームだと思います。

あった場合は何が違うのか分析しましょう。

ランニングの際変えたくないと思うフォームであれば変えなくて結構です。

ランニング、ウォーキングをスムーズに交互に行うことができたらそのまま走り続けてください


2. ウォーキングのスピード

ウォーキングとは違うかもしれませんが早歩きの速度をご存知でしょうか。

競歩の選手ともなるとサブスリーより早いペースで歩きます。

また昔箱根駅伝でランナーが揃わなかったため競歩の選手を出したと言うチームもありました。

それだけ競歩の速度は速いです。

彼らは歩行する際片足は必ず地面についているにもかかわらずそのくらいの速度を出すことができます。

そこから考えられることはストライドの広さよりもピッチの速さです。

骨盤をうまく動かすことによってあれほどのピッチの速さをなしえています。

つまりウォーキングのいい要素を取り入れたらそれ以上のスピードになるため、
ウォーキングする際どうすれば速くなるかいろいろ試しておくといいと思いますよ。