フルマラソンはまだまだ無理だけど、ハーフマラソンだったらもしかして走れるかもしれないと思う初心者は多いです。

しかし実際のところ、みんなどのくらいタイム走っているのでしょうか。


1.初心者の平均タイムは2時間前後

ちなみにハーフマラソンの世界記録は男性の場合は約58分、女性の場合は約1時間5分です。

同じ人間とは思えない程、とんでもない記録ですね!

さて話を戻して本題に入りますが、初心者の市民ランナーの場合は色々なレベルの方がいますので、平均タイムといっても一概には言えません。

ざっくりですが平均タイムは男性で1時間50分、女性で2時間10分くらいではないでしょうか。

アップダウンが多かったり、大会当日の天候などによって変わっていきますので、大体このぐらいのタイムでゴールされる方が多いでしょう。

仮に初心者が初めてのハーフマラソンで1時間40分を切るようなタイムが出せればなかなかのものです。

おそらくマラソンを始める前からしっかり体作りがされていたことになります。

ハーフマラソンの大会の制限時間は2時間半というところがほとんどです。

男性でも女性でもハーフマラソンを初めて走る初心者は、目標タイムを制限時間の大体15分前、つまり完走することが目標で良いと思います。

心配な方は制限時間3時間の大会を選ぶと良いでしょう、ただし途中で諦めて歩いたりしないように!




公道を走るレースは交通事情の関係で各所に関門を設ける場合もあるので、しっかり関門を調べておきましょう。


2.ハーフマラソンで必要なもの

本番に備えて練習で普段から20km走るトレーニングもしたい所ですが、初心者にはハードルが高いかもしれません。

過度のトレーニングは時に上達の妨げとなってしまいますからね。

実は必ずしもこの距離を走れていなくても構いません。

練習では目標とする7割くらいの距離を一定のペースで走り続けることが出来ればよいとも言われています。

一定のペースで走り続けるには、自分がどのくらいのペースで走っているか確認する為にGPS付きウォッチが必要になります。

持っていない方はさらなるマラソン上達のために是非用意しましょう。

特に初心者はレースに慣れしていないためか、気分が高揚して周りのランナーの速度が速さに惑わされそのままつられることが多いです。

そうならないためにペースを抑えてくれる役割があるのでとても良い味方になります。

それとこまめな水分補給はもちろんですが、レース中に食べるゼリーなどの補助食もあった方が良いでしょう。

いくら食事をしてガソリン満タン状態にしておいても、人間の体は10km以上走ると体に蓄えられたエネルギーがどんどんなくなっていき、ハーフマラソンを走りきるには途中で燃料を入れる必要があります。