あなたも、いつかマラソンでサブ4を達成したいと思いませんか。

マラソンは正しく効率的なトレーニングをすることによって、サブ4を達成することは決して難しいことではないのです。


1.やみくもに走るのは非効率

マラソンを限られた時間で上達するには、効率的な練習が欠かせません。

ただ、やみくもに走っているだけでは、とても非効率です。

マラソンの効率的なトレーニング方法を知ることで、マラソンが見る見る上達し、念願のサブ4達成がぐっと近づきます。


2.マラソンのトレーニングでもっとも効率的にサブ4を達成する方法とは

それでは、マラソンの上達に効果的なトレーニングであり、サブ4の達成にもっとも効率的な方法とは、いったい何でしょうか。

それは、ビルドアップ走という、ゆっくりジョグペースで走りだし、少しずつ走るペースを上げていき、最後はマラソンの目標よりも速いペースで走るトレーニング方法です。

例えば、サブ4を目指すのであれば、15 kmの距離を、キロ6分で走りだし、徐々に走るペースを上げていき、最後の数キロはペースを決めずに追い込む、というトレーニング方法です。

マラソンが上達する効果的なトレーニング方法として、ビルドアップ走を、サブ4を目指すあなたにお勧めする理由は3つあります。


1.ウオーミングアップが不要

まず、ビルドアップ走は、ゆっくりジョグペースで走りだすため、ゆっくりジョグがウオーミングアップになります。

そのため、トレーニングのためのウオーミングアップをする必要がなく、トレーニング時間を効率的に使うことができます。





2.トレーニング強度と時間の調整がかんたん

そして、ビルドアップ走は、トレーニングの強度や時間を自由自在に決めることができます。

トレーニングの強度やトレーニングに使うことができる時間は、トレーニングの目的や、その日の状況によって変化します。

ビルドアップ走は走行距離やペースアップの速度を変えることで、トレーニングの強度や時間を、目的や状況に合わせてかんたんに調整することができます。


3.柔軟にトレーニング内容を変更できる

上記にも書きましたとおり、ビルドアップ走は、トレーニングの走行距離やペースアップの速度を調整することが、自由自在に決めることができます。

ビルドアップ走をすると決めて走りだしても、どうも調子が上がらない、という日もあるでしょう。

無理をして高強度のトレーニングをすると故障を誘発しかねません。

調子が上がらないときは走るペースを上げず、そのままジョグに切り替えてトレーニングを続けることができます。


3.まとめ

マラソンは、やみくもに走っていても上達しません。

マラソンの上達に効果的なトレーニングとして、サブ4の達成を目指すあなたにお勧めしたいのは、ビルドアップ走です。

ビルドアップ走には、ウオーミングアップが不要、トレーニング強度と時間の調整がかんたん、柔軟にトレーニング内容を変更できる、という利点があります。

ぜひ、あなたのマラソンのトレーニングにビルドアップ走を取り入れて、サブ4の達成を目指してください。