ランニングを上達させる三大要素は練習、栄養、休養です。

初心者ランナーになればなるほど練習量がウェートを増すわけですが、
きちんとした栄養、休養が疲労回復をさせ練習量を増やす事ができる土台となります。

ここでは土台となる上で重要な役割であるアミノ酸について紹介します。


1. アミノ酸とは

アミノ酸を摂取すると筋力強化が期待できます。

初心者ランナーはあまり考えた事がないと思いますが、走るのが速くなるのはランニングをしている時ではありません。

もちろんランニングをしなければ走るのが速くなることはありませんが、ランニングをした後に栄養を取り入れ、
休養している間に筋力や心肺機能がランニング前より強化されその結果走るのが速くなります。

つまりアミノ酸摂取は練習と休養の間を結ぶ栄養で強い働きをします。


1. アミノ酸が栄養面を補強する原理

アミノ酸は筋肉が一度破壊された後回復させるのに強い働きを一躍買います。

アミノ酸は食事をした時タンパク質に含まれている為摂取することができます。

その為スポーツ選手がタンパク質を取ることが重要視されているわけですが、サプリメントなどで補強するのもおすすめです。

食品には少量しかアミノ酸が含まれていない場合でもサプリメントを摂取するとアミノ酸の摂取量が不足するということはなくなります。




しかしサプリメントを多用し特定のアミノ酸ばかり摂取してしまうと体内のアミノ酸バランスが崩れてしまうということがあるので
気をつけるようにしましょう。


2. アミノ酸をいつ取り入れるか

アミノ酸を取り入れると筋力回復に役立つということを上記で紹介しましたが、取り入れる時間によって働きが変わってきます。

一番効果的とされるのはトレーニング後30分以内です。

その理由は体内がアミノ酸を使い筋力を回復させるピークはトレーニング後2時間後で、

さらに体が摂取したアミノ酸を吸収する時間もかかるのでトレーニング後30分以内にアミノ酸摂取することがベストだと言われています。


2. アミノ酸の意外な効果

アミノ酸摂取によってトレーニング後の回復を役立てることを説明しましたが、それだけでなくその他についても効果を示します。

アミノ酸の一種であるアミノ酪酸にはリラックス効果が多く含まれていて快眠を役立てる要素が含まれています。

実際睡眠薬の多くは脳の中でアミノ酪酸の作用を強めることで眠らせます。

就寝直前の摂取で快眠効果を促すと三大要素である休養がさらに充実されるものとなります。

初心者ランナーの場合トレーニングをしたら今までの生活リズムとは違うため、もしくは足に疲労が残っているため快眠ができないという人がいます。

適したアミノ酸摂取で快眠を促しランニングを上達させることができるような体づくりをしてください。