マラソンをする上で走力をあげたい。

もしくはスタミナを増やしたいと思っているランナーにとって自転車トレーニングは効果的なのか。

いくつかの視点でトレーニングに自転車を導入した場合をシミュレートしました。


1.自転車レーサーの足

競輪選手とマラソンランナーの体格を見ると全く違います。

それ故にマラソンに自転車トレーニングは効果を得られないと思っている人は多いのではないでしょうか。

しかし競輪選手の場合スプリント能力を問われるためあのような脚質なのですが、ツール・ド・フランスに出るようなレーサーの足はかなり細い選手が多いです。

それは一見するとマラソンランナーのような足です。

つまり自転車に乗っていると足が太くなりランナーには不向きの脚質になるというのは迷信です。


1.自転車で疲労に耐えられる足を作る

自転車に乗るということの一番のメリットは長時間練習をし続けることができるということです。

マラソンと言うのは長時間同じ動作をしなければいけない競技なので自転車で長時間足を動かし続けるという癖をつけることができます。

そうしたことで連続動作でも耐えうる足ができることがあるでしょう。

また、走っているだけだと単調なのですが、自転車トレーニングを織り交ぜると気分転換にもなるのでお勧めです。


2.自転車トレーニングで得られるものは意外と多い

自転車トレーニングで鍛えられるのは足だけではありません。

むしろ心肺機能を高めると言った方が効果的になってきます。




更にロードレーサーでの練習をした場合体幹を鍛えられることもできます。

一気に効果が期待できることではありませんが、続けて行けば徐々に変化が分かりランニングフォームにも違いが出てくることがあります。


1.心肺機能を高める自転車トレーニング

ちょっときついと感じるくらいの速いペースで自転車をこぐと走っているのと同じように心肺機能を高めることができます。

さらに自転車の場合走ることより回復が速いので再度同じトレーニングを繰り返すことができます。

それを何度も繰り返すと同じ強度で練習しても疲れて動けなくなるということが無くなります。

また、疲労しても呼吸を整えたら再び同じように動くことができるようになります。

定期的に自転車トレーニングを取り入れることをお勧めします。


2.体幹を鍛える自転車トレーニング

ロードレーサーなどの細いタイヤの自転車に乗ると最初の頃は安定させるのが大変でうまく載ることができません。

比較的早くなれることができるのですが、それに慣れた時は体の中心線がどこか意識することができます。

それはランニングフォームにも影響させることができます。

体の中心線に対し左右対称に足を出すのは効率的なので、走っているだけでそれが身につかない人でも自転車を通じ身に着けることができる可能性もあります。

また、ローラーでトレーニングを重ねるとその何倍も体幹を鍛えることができるので自転車トレーニングが自分に会っていると思う人はやってみるといいでしょう。