マラソンは自分にはちょっと。

でもいずれはフルマラソンに挑戦してみたい。

そんな人はまずハーフマラソンを走ってみましょう。

適切なランニング練習をすれば初心者でも必ず完走できますのでどんどん挑戦してみてください。


1.知っておきたいハーフマラソン

ハーフマラソンと聞いて初心者ランナーはフルマラソンの半分も走らなければいけないのと思うでしょう。

実質的な距離としては、ハーフマラソンはフルマラソンの半分です。

それ故にハーフ(フルの半分)と言うのですが、感覚的な距離は全然違います。

ランナーの基礎体力にもよりますが、フルマラソンはある程度ランニングの練習をしないと10キロ地点ほどで足が止まり歩いてしまうでしょう。

そうなってしまうと残り30キロ以上を歩いたり走ったり立ち止まったりを繰り返し、気持ちが折れて完走するということはできません。

しかしハーフマラソンの場合足が止まった10キロ地点から進まなければいけない距離が10キロ程度と短いため気持ちさえ折れなければゴールができます。

このように走れなくなってからの距離と言う観点から見るとフルマラソンの半分の距離ではなく3倍以上にもなります。

逆を言うとハーフマラソンはフルマラソンの3分の1程度なんだと重すぎず考えていいと思います。


1.ランニング初心者にスピード練習は不要

ハーフマラソンは距離が短いからと言ってスピード練習にはしる初心者ランナーはいないでしょうか。

距離が短いと言っても21キロ以上もあるのです。

ハーフマラソンで大事なのはスピードを出すということではなくまず走りきることです。




どんなに遅くても走りきった場合完走はできます。

ちなみに最後まで走り続けていたのに時間で足きりとなり完走できなかったという人をまだ見たことがありません。

つまり重要なのはスピード練習ではなく、長い距離を走る練習です。

週一回15キロ走りきる練習ができたら当日のアドレナリンやモチベーションで最後まで走りきることができると思います。

順位や目標タイムもなくまず完走と言う初心者ランナーはとにかく長い距離を走ることが重要となってきます。


2.どれだけ走ることができれば大丈夫か

基礎体力や学生時代のスポーツ経験と言う土台によって一概にどれだけのランニング練習をしなければいけないというのは難しいのですが、週に30〜40キロを2か月走りこめばまず間違いなくハーフマラソンは完走できるようになるでしょう。

仮に30キロだとすると土日休みのランナーであれば月から木までで12キロ、金、土、日で18キロというだけで達成できます。

サンプルは月、火、木に4キロずつ、土曜に10キロ、日曜に8キロ。

私は同じ距離をコツコツ走るというより一回の練習で長い距離を走る日がある方がいいと思っています。


2.練習の最後の詰め

大会前の週に1回15キロ走を行ってみるのをお勧めします。

最悪12キロ走を行ってみてください。

仮に12キロ走れたら残り9キロなのでそこで足が止まっても歩いて走ってを繰り返し完走をできるでしょう。

せっかく大会にエントリーしたのだから完走しないと後味が悪いものになってしまいます。

適切な練習をこなし大会に臨んでください。