マラソンの練習メニューにインターバル走は必要かという問いかけに対し私は必要という場合もあれば不要という場合があります。

それはレベルが上がるごとに必要になってくるからです。


1. ?インターバル走は必要か

はっきりいってインターバル走はマラソンの練習メニューの中でも相当きつい部類です。マラソンでいいタイムを出すランナーでも避けたいという人は少なくありません。

しかしインターバル走をやることによってスピードがつくのは絶対的だと言えます。じゃあインターバル中心にメニューを組もうと思うランナーもいるかもしれませんがそれはやめてください。

インターバル走は体への負担が大きく消耗が激しいのでやりすぎると怪我をしてしまします。

また素人ランナーはきつい練習を行うと練習をした感じになると思いますが特に素人のうちは走行距離、走り続けることが重要ですのでインターバル走は不要です。

ジョギング、ランニングをこなし、タイムが上がらなくなったな、スピードが欲しいなと思った時に取り入れてください。


2. サブ4を目指すランナー

サブ4を目指す程度ならインターバル走は不要です。よっぽど遅いペースでない限りイーブンペースを刻めばサブ4は達成できます。

なので、サブ4を目指す人の最優先事項は走りきる脚力をつける事でスピードをつける事ではありません。




取り入れたいなと思っているランナーはランニング練習をした締め程度でいいでしょう。1日インターバルと言うのはもっとレベルが上がってからで十分です。


2. サブ3を目指すランナー

サブ3を目指すランナーはある程度速いスピードを必要とするのでインターバル走はしておいた方がいいでしょう。

しかししなければいけないというものでもないと思います。あくまでもメインは長距離そうです。インターバル走を取り入れるのは週1回程度でいいと思います。

私が初めてサブ3を達成した時は大会3ヶ月前?1ヶ月前の二ヶ月間(直前は怪我するのが怖く取り入れませんでした)に400メートルを4、5本行った程度でした。


2. ?インターバル走は必要か

インターバル走に似たような練習としてマラソンの最後に可能な限り速いペースで1キロくらい走ることです。

走力だけでなく、残り距離をどれ位の速度で走ればゴールまでたどり着くかというレースマネジメント能力が身につきます。

余力が残りすぎてもダメだし、ガス欠になってもダメです。1日1日の練習で「出し切った」と思えればそれは必ず身になります。

何日間か続けていくと最後にスパートをかけなければ物足りなくなるので是非やってみてください。

これを行う場合インターバル走を行う前と違い億劫な気持ちがなくなると思います。ラストスパートの速度を上げる、距離を伸ばすなどで自分の成長を測ってください。