マラソン上達の王道は走行距離を増やす事だと思います。

しかし走ってばかりいたら続かない。

そんなランナーは少なくないでしょう。

楽しめるかつ走力が上がるという面で一番おすすめなのは縄跳びです。

一旦マラソンから頭を切り離し縄跳びをしてみましょう。


1. ちょっとかわったマラソン練習メニュー

縄跳びはマラソン練習に似たような効果を表す事があります。

それでいてマラソンとは切り離されたメニューなので単独で目標を作って楽しみながら行う事をおすすめします。

例えば縄跳びで二重跳びを100回できるようにするという目標を作るとします。

この場合マラソンとは全く無縁の状態でひたすら二重跳びを100回できる事だけを考えます。

しかし面白いのはここからです。

縄跳びに没頭しているにもかかわらずマラソンの練習にもなっているのです。

しかも自分の設定した目標をクリアする喜びはまたマラソンとは別次元に存在しているのです。

さらに昔できなかった三重跳びなどにも挑戦すると面白いと思いますよ。


1. 縄跳び練習でマラソン上達を

上記で縄跳びに没頭するだけでマラソンが自然と上達していると言う事を述べました。

今度は逆に縄跳びを使って意識的にマラソンの上達を考える事にしましょう。




方法は二つあって速く飛ぶということと高く飛ぶということです。

速く飛ぶというのは一分間に何回飛べるかという記録に挑戦し、ピッチを上げる事を意識します。

高く飛ぶのは三重跳び、もしくは二重跳びで高く飛び、ストライドを広げる事を意識します。


2. 縄跳びで予想される効果

縄跳び予想される効果は幾つかあります。

上記で述べたピッチ、ストライドの向上。

それに加え バランス感覚及びスタミナ。

二重跳びを続けて行ったら息が切れます。

これにより心肺機能の向上を図る事ができスタミナアップにはもってこいです。

最後に付け加えたいのが呼吸法です。

二重跳びを連続してやると分かりますが引っかかるまでは集中していて一定の呼吸をしています。

しかし引っかかって動きを止めると息が切れ呼吸がひどく乱れています。

つまり縄跳びをしている間は辛くても一定の呼吸をしているので呼吸法が身につきます。


2. 縄跳び練習をするとどうなるか

縄跳び練習がいかに効果があるかを述べたわけですが、場所を取らずにできかつ、楽しむ事もできます。

まずは縄跳び練習をする事でどのような効果が得られるかと言う事を抜きにして楽しむ事を考えてやればきっといい事が起こります。