長距離を走るうえで形から入るというランナーはいないでしょうか。

そしてランニングシューズは軽ければ軽いほどいいと思って軽くて弾みがいいシューズを手に取っていませんか?

ランニングシューズはマラソンレベル別に存在するので参考にしてください


1.レース用と練習用のシューズを変える

ランニングを始めるにあたってまずシューズの購入をすると思いますが、レース用のシューズと練習用のシューズは別物にした方がいいと思います。

レース用のシューズは薄くて軽いということを重視し、タイムが出るようなものを選ぶとよいでしょう。

そして、レース当日およびレース直前の練習以外はレース用のシューズは履かない方がいいでしょう。

同じシューズを2足買い、レース用、練習用と分けているランナーもいますが、私は絶対違うシューズの方がいいと言っています。


1.レース用のシューズで長距離の練習を続ける危険性

レベルによって違いますが、レース用のシューズは上記でもあげたように、薄くて軽く、1歩が大きく出るような造りになっています。

そういうシューズで練習を続けたらスピードは出るのですが、足(おもに膝)に来る衝撃が強く、故障してしまうリスクが高いです。

スピードが出て、練習するたびに速さを実感する楽しさはあるのですが、あくまでもマラソン大会でタイムを狙うための練習であればリスクを負ってまで練習で速さを求める必要はないと思います。





2.長距離練習用のシューズの選び方

長距離練習用シューズは若干重くても衝撃に耐えられるクッション性が高い物を選ぶといいでしょう。

さらに足の豆や指の故障を防ぐために普段はいている靴より0.5センチ程度大きいシューズを選ぶのがお勧めです。

日本人の足は横に大きい傾向があるので、その足にあっている靴を作っているアシックスがお勧めです。

横幅がフィットして圧迫感を感じないため靴があわないことによる足の故障は少ないはずです。

アディダスは軽い上にクッション性が高い靴がそろっているし、リーボックは着地する際の衝撃吸収率が高い靴が出ているイメージがあります。

シューズ選びは時間をかけ、店内をちょっと走らせてもらうことがベストでしょう。

買い替えのタイミングですが、一般的に600キロが目安とされています。

(私は2000キロくらい走ってようやく帰るくらいですが)

シューズの底を見て擦れているようであれば変えてください。

その際左右のすれ具合の差を見ておくと自分の走りが分かるかもしれません。


2.レベルに見合ったシューズを選べ

ランニングシューズを多く取り揃えているスポーツ店の場合レースの目標タイム別にシューズが置いてあります。

完走を目的とするランナー向けのシューズとサブ3を目指すランナー向けのシューズを手に取れば分かりますが、重さが全然違います。

少しでも軽い方がいいからと初心者がサブ3用のシューズを履いても怪我するだけなので自分のレベルに見合ったシューズを購入してください。