マラソン初心者で朝と夜どちらの練習がいいのと思っている人が多いと思います。朝のランニング、夜のランニング共にメリットデメリットがあります。

ここでは両方について紹介したいと思うので自分で気に入った方を取り入れてみてください。


1.朝走ることについて

一般的に朝ランニングをする方がいいとされています。

しかしこれは何を目指しているかによっても違いますので特に初心者のマラソンランナーが朝と夜どちらで練習する方がいい、もしくはどちらで練習しなければいけないということはありません。

簡単に朝マラソン練習をすることのメリット、デメリットを記載します。


1.朝走るメリット

朝にマラソン練習をした方がいいメリットはいくつもありますが、まず見通しがいいことです。

特に女性ランナーは暗い所でマラソン練習をすると怖い思いをする可能性もあるので、朝走ることで危険から回避されることがあるでしょう。

またレースは基本的に午前中に行われることが多いです。

とくにフルマラソンの場合は朝9時スタートと言う大会が多いため普段は知っている環境と近い環境で走るのはメリットの一つと言えるでしょう。

ダイエットなどの為に走るという人にとっても朝の方がお勧めです。

空腹の状態で走ることによって脂肪が燃焼され痩せやすいとされているからです。


1.朝走るデメリット

朝走るデメリットとしてあげられるのはやはり怪我です。

寝起きにいきなり速いスピードでマラソン練習をすると上達どころか怪我をしてしまう恐れがあります。




例えば下りの練習をしようと思い朝筋肉が起ききっていない状態でトップスピードで入ってしまったら怪我をするリスクが高くなるでしょう。

また多くの人が朝と夜とでいえば朝の方が、時間がないというでしょう。

フルマラソンに挑戦する人はある程度まとまった練習が必要なので朝短い時間を走るというだけの練習では上達するのは厳しいかもしれません。


2.夜走ることについて

一般的に朝と夜走るのとでは朝走る方が健康に良いとされていますが、夜走ることに関してマイナスイメージはありません。

もちろんデメリットもあるのですがここではメリットとデメリットについて記載したいと思います。


1. 夜走るメリット

夜走る一番のメリットは時間が取れるということでしょう。

マラソンは長距離を走る競技なのである程度まとまった時間の練習が必要になってきます。

朝は時間がないという人でも夜は時間に縛られない人が多いと思うのでこれは夜走る練習をする強みの一つです。

また夜公園などで走ると混雑が無いため気持ちよく走れるということがあります。

朝トップスピードで走って呼吸を乱れている所を見られるのが恥ずかしい人でも気兼ねなく走ることができます。


2. 夜走るデメリット

一番のデメリットはやはり視界が悪いということです。

視界が悪いと足元に何か落ちていても気づきづらい、女性ランナーは変質者からちょっかいを受ける、自分のスピードがいまいち分からない(暗い方が速く感じてしまうみたいです)などのデメリットがあげられます。