マラソン練習をしていてもモチベーションが上がらない時があります。

そういう状況に陥ってしまったら練習が嫌になりサボってしまうことがあるでしょう。

さらにひどくなると走るのをやめてしまうというランナーさえいます。

そうならないためにアドバイスをしたいと思います。


1.誰でもマラソン練習でモチベーションが上がらないことがある

トップレベルのマラソンランナーでさえモチベーションを維持するのは難しいことです。

そういうのをまず念頭に入れておいてください。

そうした上で自分がマラソンに不向きだから練習する前億劫になってしまうんだというネガティブな考えを取っ払ってください。

走っているうちにだんだんモチベーションが上がって最後は前半ゆっくり目に入った分いつもより良いタイムが出たなんていくともあれば全くダメだったということもあります。

一番よくないのはモチベーションが上がらない日にダラダラ走り結局歩いている距離が相当長かったという結果になるのが一番よくないことです。

やるならやる、やらないならやらないと割り切ってしまった方がいいでしょう。

そしてそれをただのサボりにするのではなく、戦略的休息と名付けて次の日から走る糧にして下さい。

そもそも走るのは義務ではないです。

楽しめなかったらどのみち続けることはできません。

長く続け上達するためにちょっとくらい休んでもいいはずだと思うことも大事です。


1.モチベーションが低い日のマラソン練習

これはあくまで私が実行していることなのですが、モチベーションが低い日は坂が多いところに行きます。

上り坂はゆっくり疲れない程度に走り、下り坂でスピードをあげます。

スピードを上げていくことでいろいろなものを取っ払える気になれるからです。

下り切ったらまたゆっくり上りまた思いっきり下る。そんなことを繰り返しています。

最初のうちはただ単に下りでストレス発散という感じだったのですが、足の運びを覚えることができ速く走ることが苦じゃなくなりました。




さらに速い速度に体が慣れるということもあり、比較的長い距離をダッシュすることができるようになりました。モチベーションが上がらないから楽なメニュー、こなしやすいメニューを選んだつもりが自分のためになっているということに気がつきました。

マラソン練習さえしていればどこでどう転がって自分の身になるかわからないのでモチベーションが低くても何かしらやってみるのはいいかもしれません。


2.大胆に練習を休んでしまう

上記でモチベーションを低い日もトレーニングを行えば何かしら身につくことがあるかもしれないと言いましたが、今度は全く逆の発想でモチベーションが上がらない日は休息してしまうのも手です。

やる気がない日に無理に何かやろうとして例えば5キロの走りたかったけど1キロしか走ることができず帰りはとぼとぼ歩いて帰るなんていうことがあるかもしれません。

(これは私の実体験ですが)

こうなってしまうとマラソン練習をしていないのに時間だけは経過してしまったため身にならない練習をしたという最悪のパターンになり兼ねません。

仕事したのにお金をもらえないと言ったら誰でも不毛だと思うのと一緒でまさにそのような感覚に陥ってしまいます。

そうなるくらいならスパッと休んで次の日に整え上達することを考えるということをお勧めします。


2.目標を持ってモチベーションを保つ

目標を持ったらモチベーションを保つことができます。

私はマラソンを始めた当初から絶対サブスリーというのを常に頭に置いていました。

それがあったから走るのが嫌になっても「まだサブスリーを達成していないから走るのはやめられない」と思い続けることができました。

毎年大会にエントリーしてサブスリーを逃しては悔しい思いをしていました。

(今思うと悔しがるほどトレーニングをしていたわけではありませんが)それがようやく本気モードになり「今年サブスリー達成しなければ一生達成できないかも」と思うようになったらあっさりサブスリー達成ができました。

そのように高い目標を持つことでモチベーションを維持していました。