マラソン中上級者がマラソン練習をしているのに走っているだけではなかなかタイムが伸びない、そんな時に考えるプロテイン。

ここではプロテインの効果等について紹介したいと思います。


1.プロテインの種類

マラソン練習してどうしても上達せず伸び悩んでいる、マラソン練習をしたら体がだるくて食事や睡眠を十分に取っても疲れが取れない。

あとちょっとのタイムがどうしても詰められない。

そんな人はプロテインを試してみてはいかがでしょうか。

プロテインの種類は結構あり、効果も若干違いますがまずは試してみるといった軽い感じで飲んでみるのをお勧めします。

プロテインと聞くとボディービルダーのように筋肉ムキムキの人、もしくは筋肉をムキムキにしたい人が飲んでいるイメージがあり、飲んだらああなるのではないかと思う人もいるようですが、プロテインを飲むだけで筋肉がムキムキになるわけではないので誤解しないでください。

あくまでトレーニングの補助という頭を持つといいでしょう。

さて、プロテインには種類があります。しかしどれも行き着く先はタンパク質の摂取という所にです。

タンパク質を取って筋肉の修復をするのと同時に低カロリー高タンパクを体に取り入れて行ったマラソン練習の質をさらに高めてくれる要素があります。

種類はいろいろありますが最初は安いものでいいでしょう。


1.プロテインの効果

プロテインの効果は人によってもしくは求めているものによって若干違いが出てくるかもしれません。

マラソン練習を限界まで行ったあとだと筋肉が刺激され足回りの筋力がアップされるという人もいれば、疲労回復に大きく貢献してくれたと感じ取れる人もいるかもしれません。




いずれにせよプロテインを摂取してマイナス効果を生み出したと言うのは聞いたことがないため上達せず伸び悩んでいる人は試してみてください。

私は意地でサブ3達成するまでプロテインは摂取しないと決めていました。

ようやくクリアしたサブ3ですがその直後にプロテインを摂取したらさらに簡単にタイムが縮まりました。

もはや走っても数秒しか速くならないと思っていたところで一気に飛躍したものだからあっけにとられました。

一番実感したのは疲労が回復できてマラソン練習を限界までおこなったのにもかかわらず次の日のリカバリーがきちんとできていて軽いジョギング程度なら難なくできるようになっていたことです。

歳は取ってもプロテインによって若い頃の感覚を取り戻すことができました。


2.プロテインの簡易さ

プロテインなんてハードルが高くてスポーツ上級者が口にするものと考えていませんか?私もそうでした。

しかしただ飲めばいいのです。1キロあたり2、3千円程度で売っているためバカ高いということもありません。

さらにいろんなフレーバーがあるので簡単に飲めます(最近はココアやチョコレートをよく目にするため女性向け思考が高まった気がしますが)飲んでしまえばこんなものかと思うようになるでしょう。


2.プロテインを使用しないマラソン練習

とは言ってもプロテインを初っ端から活用するのはお勧めしません。

あくまで練習をありきということを頭に入れておいてください。

プロテインは練習をして飲んで初めて意味があるのです。

だからまずは地道なマラソン練習をすることが先決です。