坂道ダッシュを行うということは平地でダッシュをするよりも太ももや心肺に負担がかかります。

きついトレーニングですがその分マラソンの上達に結びつく率は高くなります。

しかしやりすぎると怪我をするリスクも高くなるのであくまでメイン練習にはせず、効果的に取り入れるようにしてください。


1. 坂道ダッシュを取り入れた練習メニュー

坂道ダッシュを取り入れることでスピード強化及び心肺機能の強化を図ることができます。

またマラソンの大会で度々訪れてくる上り坂への対応にも柔軟に対応できるようになります。

平地のダッシュに比べ疲労度がきついので何本も連発してできるものではありませんが
自分の定めた本数を不足なくできたらメンタル面の強化にもつながります。

しかしマラソン初心者及び中級者に至ってはあまり取り入れないほうがいいと思います。

理由は負担が大きいためで、走ることが日常化していない場合
マラソン練習がきついものというトラウマになり翌日の練習が億劫になってしまう可能性があるからです。

その反面この練習をこなすことができたらマラソンの上達はほぼ確実でしょう。





1. 坂道ダッシュを繰り返すとどうなるか

坂道ダッシュをするのはマラソンの上達が見込めるためいいのですが、体への負担は相当なものです。

気をつけてほしいのは膝の怪我と腰の怪我です。

まずは膝の怪我ですが、坂道に限らず平地のダッシュをする際にも膝の故障には気をつけなければいけません。

それに加えさらに負担がかかるのが坂道です。

一本一本気をつけて行うようにしましょう。

次に腰の怪我についてです。

坂道ダッシュをする際に、走る場所が上り坂ということもあり平地を走るよりじょうたいが前のめりになりがちです。

その分骨盤が後ろに向き腰痛を起こしてしまうことが多いのでずっと地面を見ている時は状態が落ちていることを意識しながら走ってください。


2. 坂道ダッシュをした後にしなければいけないこと

坂道ダッシュをした後は必ずケアをしてください。

全部の練習が終わってからというよりも一本一本ストレッチを交えながら行うといいと思います。

そして坂道ダッシュを行った日はいつも以上に念入りにクールダウンをし怪我をしないようにすることに気遣いつつ、
連日坂道ダッシュをするということは避けるようにしてください。