初心者のうちは走ればタイムが簡単に伸びるものです。

しかしその感覚をもったままずっと同じように走っていてもいずれ記録は止まってきます。

そこでマラソン練習量を増やすということをせずフォームを無理にいじったり走らず筋トレなどをメインとしてしまうとスランプに陥ってしまいます。


1. マラソンをしていてスランプに陥ったら

普通に走っているだけだとスランプに陥ることはありません。

ですが、目標タイムを設定してマラソン練習を続けているのに

一向にその目標に近づけないと感じた時気持ちだけが焦ってしまい

自分のスタイルを無理に変えてしまったりしたら(例えば今までピッチ走法だったランナーが安易にスピードを上げたいと思い無理にストライド走法に変えるなど)余計ドツボにはまってしまいます。

おすすめなのは単純に練習量を増やすということと、マラソンとはそういうものだと思うことが大切です。

野球の場合は相手との駆け引きというのもあるので、

フォームを変えていないのに急に打てなくなってスランプに陥るということがありますが、

マラソンの場合はスランプの原因は自分の中にあると決まっています。


1. スランプを楽しもう

スランプに陥る原因は精神面から来ることが多いと思いますがはっきり言ってスランプが来たらチャンスです。




とは言うもののスランプがチャンスというのはスランプを乗り越えた後だから振り返ればチャンスだったというのが正しいです。

スランプを乗り越えた先には100%マラソン上達しているという事なので損だと捉えないほうがいいでしょう。


2. スランプから脱出する方法

こうすればスランプから脱出できるという王道はありません。

過去を振り返り「あれがスランプを乗り越えるきっかけだった」と言う事はあっても、
こうすればスランプから脱出できるという王道はありません。

しかし続けていればそのスランプはいずれ無くなっています。

漫画などでは何かをきっかけとし、一気にスランプから脱出するというパターンが多いですが
実際スランプからの脱出というのはじわりじわりくるものです。

そして何かをきっかけに徐々に曇りが晴れていきスランプから脱出しているということが多いです。

なので日々のマラソン練習を積み重ねる事がスランプ脱出の近道です。


2. スランプ脱出した先にあるもの

スランプから脱出したらそれは成長、もしくは上達しかありません。

とある有名漫画で瀕死状態を経験した後は必ず劇的に強くなっているというシーンがあります。

現実世界のスランプはそういうものです。

笑いながらスランプを克服してください。