サブ3を目指すランナーは非常にたくさんの葛藤があると思います。

私自身サブ3を達成するのにマラソンを始めて10年かかりました。

ランニング教室に通わなければいけないのか、一人では限界があるのか、自分の練習はあっているのか。

そんな迷いのあるランナーに対して気合を入れてアドバイスします。


1. 市民ランナーの目標サブ3

私がマラソンを始めたきっかけは大学時代にダラダラした生活が続いていたため「家の周りを走ってみよう」という軽い気持ちからでした。

その時はフルマラソンに出ようとかは思わなかったのですが、ちょっとでもマラソンを上達させたく本やに行って手に取った本がランナーズでした。

そこに「フルマラソンやるならサブ3」と言う文字が飛び込みました。

当時私は7キロしか走れなかったのですが(それも40分程度かかっていた)フルマラソンを走ろう、そしてサブ3ランナーになろうと決心しました。

達成するまで10年かかりましたが意地を貫き通しなんとか達成する事が出来ました。


1. サブ3達成するのに大事な事

やはり意志だと思います。
絶対達成するんだと言う強い意志がないと途中で挫折してしまいます。
またサブ4、サブ3.5が順調にクリアできたとしてもそこからの壁は大きいです。
サブ4とサブ3.5の間が1だとしたらサブ3.5とサブ3の間は3、もしくは4くらいあると思います。
サブ3.5を達成しているランナーは次に確実に3時間15分を切れるように、それができたら3時間8分を切れるように、さらにそれができたら3時間4分が切れるように。
3時間4分が切れたら3時間が見えてきます。
常に一段上を見続けるという事が上達につながります。





2. 一人で走っていてサブ3は可能か

私はずっと一人で走っていて一年に一回フルマラソンとハーフマラソンを走っています。

そしてサブ3を本格的に目指してから出したタイムは3時間8分、3時間10分、3時間6分でした。

近づいてはいるものの中々届かず一人では限界かと思った事は何度もありました。

サブ3用の講習会も応募しましたが選考漏れしたのでサブ3とは縁がないのかもと思った事すらありました。

しかしマラソントレーニングを一人で続けられれば達成できます。

一人というのは誰も監視役がいないためマラソントレーニングをいつでもサボれる事ができます。

そんな状況下でマラソントレーニングを続ける事が出来たらきっとサブ3ランナーになれるでしょう。

ちなみに私がサブ3を始めて達成した時の事ですが、
11月の大会で走行距離は、5、6、7、8月200キロ程度、9月250キロ程度、10月、11月350キロ程度でした。

特にインターバル等は行っていませんが大会1ヶ月を切ったあたりから走行距離が週100キロを超えていました。

辛くても空腹でも走りきりました。

しかも必ず最後1キロはダッシュしていました。

それが効いてのサブ3です。

決して楽ではありませんが、今ではいい思い出です。


3. サブ3を達成したら

長年目標にしていたサブ3を達成したらどうなると思いますか?

私は脱力感は訪れませんでした。

かといってさらに上のタイムへと言う意識も中々出ませんでした。

ただ、あの時あれだけがんばれたのだから他の事もやる気を出せば絶対にできると思うようになりました。

それだけサブ3は大きく達成しがいのある目標なのだと思います。