マラソン大会は秋の終わりから冬にかけて行われることが多いです。

そのため「夏場のランニング練習がとても大事」と言われています。

夏は暑いのでそこでしか得られない物があるのですが、気を付けて練習を行わないととんでもない目に合ってしまいます。


1.危険が多い夏場の練習

夏場のランニング練習では気を付けなければいけない点がいくつもあります。

夏場の練習はとにかく汗をかきます。

そのため脱水症状がまず懸念されます。

汗をかくのを見越し、多めの水分補給、早めの水分補給が重要になってきます。

体重の変化にも気を使ってください。

体が軽くなり嬉しくなると思う人も多いと思いますが、食事がとれなくなり体重が激減したという人は注意してください。

つらい練習の後はしっかりとした栄養を取ってください。

冷麦や冷しゃぶなど食べやすいものを食べ体調を整えてください。


1.水分補給を舐めてはいけない

「自分は素人じゃないから」と夏場に水分補給をあまりしないのはお勧めしません。

夏場だと体が温まりやすくスタート直後にスピードを出しやすいです。

今日は快調だと思って調子に乗って実力以上のスピードを出していると自分が思っている以上に汗をかいてしまっていることが多いです。

すぐに水分補給をすればなんてことはないのですが、無理してそのままスピードを落とさないと(玄人であるほどラップタイムを落としたくないものです)気力と体力が無くなり一気にガス欠になります。

自分の異変にいち早く気付くのも優れたランナーの要素の内の一つです。




自分を見つめ、適した水分補給を行いましょう。


2.体を冷やす重要性

夏場の練習はとにかく汗をかき体が熱くなります。

水をかけ体を冷やすのも効果的です。

練習中もそうですが、練習後に水をかけクールダウンをし、次の日に疲れを残さないのが重要です。一日の練習はランニングだけではなく、ウォーミングアップ、ランニング(あれば補強練習も)、クールダウン、栄養、休息の一連だと思ってください。


2.場所と時間を工夫する

夏場は暑さに耐える練習と言う日以外は、朝早く、もしくは日が落ちてからの練習をお勧めします。

いくら涼しい時間帯と言っても十分暑いところでのトレーニングにもなります。


1.涼しいところで練習する

私は、夏場は公園や遊歩道などとにかく、木が多いところでトレーニングを行うようにしています。

少しでも涼しく感じられた方がいいからです。

レベルにもよりますが、サブスリーを狙う程度であれば夏場のトレーニングは炎天下の中で行わなくても十分効果が出ます。

夏場の練習で「距離をこなす」と言うことが晩秋や冬場での大会に結果となって現れるでしょう。


2.涼しい時間帯に練習する

せっかく夏場だから熱い時間帯に練習をし、体を鍛える。

それも一理あるかもしれませんが、続かなければ元も子もありません。

上記で挙げたように夏場に「距離をこなす」と言うのはとても重要なことです。

フルマラソンでサブスリーを目指す人はいつ走ろうと最低250キロ走るという目標を、サブフォーを目指す人は150キロ走るという目標を立てるといいと思います。