冬場は夏場と違い汗をかきづらいため長い距離を走ることができます。

その反面冬場だからと言ってランニング練習の際水分補給を怠ると途中で歩いてしまうことがあります。

汗をかいた状態で歩く距離が長くなってしまうと体温が下がってしまうので気を付けてください。


1.冬場のランニング練習はスタートが危険

冬場のランニング練習をする際に気を付けておいてほしいのは体が温まっていないということです。

夏場ではいきなり走り始め更にスピードを上げても故障することは少ないのですが、冬場に同じことをやってしまうとかなり危険です。

体が温まっていないだけではなく、体が硬いので特にスタートは慎重になった方がいいでしょう。

一度体が温まってしまえば夏ほどの失速は無いため長い距離が走れるので、序盤は我慢が必要です。

寒い時のマラソン当日も同じことが言えます。


1.ウォーミングアップを多めに

怪我を防止するためにランニングを行っている前に多めのウォーミングアップをするといいでしょう。

いつもやっているウォーミングアップを1セット増やしてみたり、一か所一か所伸ばす時間を増やしたりし、注意するようにしてください。

人によってそれぞれだと思いますが、一つの目安として汗がジワリと出る程度までウォーミングアップをすれば十分だと思います。

寒さが苦手な人は部屋でウォーミングアップを済ませてしまうのも手ですよ。

冬場のマラソン当日はあったかい格好でウォーミングアップを多めにとってください。





2.手先足先まで暖かい格好を

冬場は厚着をして走るランナーが多いと思いますが、手先足先までしっかり暖めておくようにしてください。

手先足先から極度に冷えてしまうので末端部分が温まるように工夫してください。

寒い地方や寒すぎる日などはスキー用の手袋などを使うのもいいですし、ソックスは厚手の五本指ソックスを使うのがお勧めです。

また、ニット帽をかぶったりネックウォーマーを身に着けたりして防寒対策を行ってください。

走り始め数キロですぐあったかくなってきますが、万が一トラブルなどで途中走れなくなったとしても暖かい格好をしているためリタイヤをしても低体温症に見舞われることなく目的地(家など)にたどり着くことができます。

何か起きてもいいように2百円程度盛って出かけると更なる保険にもなります。


2.冬場のトレーニングに工夫を

冬場のトレーニングは瞬発力を鍛えるより、持久力を鍛える方に適しているように思います。

理由は長い時間トレーニングができるということとスピードトレーニングなどの瞬発系のトレーニングは夏場より故障してしまうリスクが高いからです。

そうならないために、室内でのトレーニングを増やすのもいいと思います。

室内で筋力トレーニングを行ったり、ストレッチを多めにしたりと言った工夫をし、走力をあげてください。冬場に多くの大会が開かれますが、調整不足だったため、急に強度の高い練習をしすぎると怪我をするので注意してください。