ランニングを始めると、特に最初のうちは走れば走るほど体力が付いていきます。でも、やはり何か目標があると練習のやりがいも増しますよね。

ここでは、マラソン大会をうまく活用して、初心者が走る距離や時間を上手に伸ばしていく方法をご紹介します。


1.たくさんあるマラソン大会の種類

一言でマラソンといっても、いろいろな距離があります。マラソンは正確には42.195㎞を走る競技ですが、他にも半分の21.0975㎞を走るハーフマラソンや、10㎞マラソン、5kmマラソンなどもあります。

少し変わった距離としては、10マイル走、30㎞走などという大会もあったりします。

こういったいろいろな種目と区別するときには、42.195㎞のマラソンを「フルマラソン」と表現することもよくあります。ですが、初心者がいきなりフルマラソンを走るのは大変ですよね。

自分の今の走力を考えて、「コレならちょっと練習すれば手が届くかな」と思える大会を目標にしてみましょう。


2. 今まで特に運動をしてこなかった方は、まずは5㎞に挑戦

「学生時代はまったく運動と縁がなかったのに、社会人になってから走り始めた」という方はけっこういます。

職場の同僚に誘われたり、年齢を重ねてダイエットを意識し出したりしてランニングを始めるパターンも多いことでしょう。

そんな「運動未経験」の初心者でも気軽に始められるのが、ランニングの良さの一つですね。ただしこういう方がいきなり長い距離の大会に出るのは、故障の原因になって危険です。

まずは5㎞マラソンを目標にしてみるといいでしょう。マラソン大会には制限時間が設けられていることがありますが、5㎞程度であれば特に制限がないことも多くあります。

もちろん中には40~50分の制限時間を設けている大会もありますが、「まずはとにかく長い距離や時間走り続けること」を目標にしている方は、あえてそのような大会を選ぶ必要はありません。




むしろ、「大会を走り切った」という充実感を味わうほうが大切ですし、何より楽しいです。

それに万が一大会当日に調子が悪くて歩いてしまっても、5㎞であればのんびり歩いていくうちに何とかゴールまでたどり着くことができます。

そういった安心感からも、5㎞マラソンはおすすめです。


3. 5㎞マラソンを走るためには、どのくらい走っておけばいいの?

もちろん大会までの練習としては、同じ5㎞を一度は自分で走っておくとより安心です。

ただしこの場合、必ずしも「5㎞をずっと走り通す」ということではありません。走ったり歩いたりしながら、結果として5㎞程度動き続けられればいいという意味です。

時間としては、ランニングやウォーキングを合わせて1時間程度運動し続けられれば、5㎞マラソンは必ず完走できます。

「1時間の運動」と聞くと、とてもハードな運動のように聞こえるかもしれませんが、実はそれほど大変なことではありません。

本当かなと思う方は、普段の生活をじっくり思い出してみてください。例えば買い物をしている時など、あっという間に2~3時間経っていたという経験をしたことのある方は、多いのではないでしょうか。

マラソンは常に全力を出すような激しいスポーツではありません。むしろ、ゆっくり軽い動きを続ける運動です。「1時間の運動」は、よく考えてみると、実は生活の中ですでにクリアしていることが多いのです。

あとは、そこから1時間の中身を少しずつランニングにシフトしていけばいいだけです。

20分程度ランニングに切り替えることができたら、「歩いてもいいや」というくらいの気楽な気持ちで、ぜひマラソン大会の楽しさを味わいに行ってみましょう。

マラソンは気軽に始められるスポーツですが、それだけに人によってはマンネリ化してしまいやすいこともあると思います。

マラソン大会を上手く利用して、楽しくランニングを続けていってください。