マラソンを始めたはいいけど、すぐ飽きてしまい気づいたら止めていたでは勿体無いですよね。

長続きさせるには、一回のトレーニングでどれくらいの距離や時間を目安に走れば良いでしょうか。

[br num=“1”]<h3>1.まずは自分の走力を知ることが大事</h3>
とりあえず目安を知りたいと言われましても、マラソンする目的や元々の体力によりますので正直なんとも言えません。

せっかくなら長続きさせたいのはわかりますが、何か目標はありますか。

特に目標のない方には正直アドバイスしにくいです。

まずは自分が一度走って走力を確かめてから、目安を決めてみてはいかがでしょうか。

走る事に全く自信のない方はまず3kmから、キロ8分のペースで20分以上かけてゆっくり走ると良いでしょう。

息が上がらずに会話ができるくらいの速さで走るのが長続きの秘訣です。

一応、大会に出る事を目標にしている初心者ランナーの目安タイムを書いておきます。

5kmの部出場は35分以内。

10kmの部出場は1時間10分以内。

ハーフ出場は2時間25分以内。

フルマラソン出場は5時間20分以内。

おおよそキロ7分前後で走る感じですので、初心者には優しい時間設定にしています。

さらに上達して距離を伸ばすには、様々なトレーニングが必要になり、やったぶんだけ休養も取らなければならないこともお忘れなく。




初心者はマラソンを始める前に、何のために走るのか今一度考えてみましょう。

何かきっかけがあるはずです。

ひとつ目標を立てたほうが上達しますし、今後のトレーニングの計画もしやすいです。


2.どの時間帯で走るのがベストか?

先ほどは走る距離の目安について書きましたが、次は走る時間帯についてです。

深夜だけは防犯上お勧め出来ないので、特に女性は誰かと一緒に走るなどして対策しましょう。

さて、ダイエット目的でマラソンしたい方は朝がお勧めです。

なぜなら体脂肪が燃焼しやすく体温が低めなので、走ることで代謝が上がりそのまま一日中効果が続くので、たくさん食べても太りにくい体質へと導いてくれます。

朝日を浴びながらきれいな空気を吸って走るので、気持ちよく1日をスタートさせる事ができます。

ただし仕事中は眠くなるので、ドライバー関係の仕事をされている方は気をつけましょう。

次に、ストレス解消が目的でマラソンしたい方は、夕方から夜にかけてがお勧めです。

仕事で嫌なことがあったり、つまらないことがあっても、走ることでやりがいや達成感を感じ取ることができて、スッキリした気持ちで明日を迎えられます。

ただし夜間のトレーニングは白っぽいウェアを着て、事故を防ぐために自分の存在を知らせることが大切です。

帰宅ランが可能な方は、時間の有効活用が出来るので大変お勧めです。