マラソンを行う以上、何か目指すものがある人がほとんどでしょう。

そうした目標に向け、少しでも達成に近づくには寝る間も惜しんで練習、練習が正しいのでしょうか?

ここではマラソン練習の頻度の観点から、私の考えを述べていきたいと思います


1.マラソン練習の頻度について

他のスポーツであれば基本毎日練習、これは当たり前でしょう。

しかし、ことマラソンに関しては、市民ランナーであるなら、毎日の練習というのは明らかにオーバーワークといっていいと思います。

マラソンはフルなら40km以上、ハーフでも20km走るスポーツです。

体重60kgの人がフルマラソンを走った場合、消費カロリーは2400kcalにもなる計算です。

これは成人男性の一日の必要カロリーに匹敵するもので、要はフルマラソンを1回走ると、その日一日は通常の倍のカロリーが必要ということになります。

マラソンとはそれほど消耗の大きなスポーツであるため、当然、それに耐えうる体を作るための練習も激しい消耗を伴うものです。

上記ではカロリーの観点で述べましたが、走ること自体が筋肉や関節に大きな負担をかける動作である以上、それを極限まで繰り返すスポーツはある程度上達すれば技術的に抑えられるとはいえ、やはり肉体的な消耗も非常に大きなものと言えるでしょう。




そうした消耗の大きなスポーツであるため、マラソンの練習を毎日行うというのは、こと市民ランナーにおいてはやはりオーバーワークであると私は考えます。


練習を毎日行わないで何をするのか

マラソンの練習といえば当然ながらほぼ全て走ることが練習メニューです。

そして走る上で特に消耗し、回復させる必要があるのが、やはり足の筋肉や膝の関節です。

特に膝の関節については一度故障するとなかなか治らない上、負荷が非常にかかりやすいので、念入りにケアを行う必要があります。

極端にいえば、毎日練習をしないのは『膝を休ませる為』というのが理由の殆どです。

したがって、『休んでいられない』、『どうしても体を動かしたい』という人は、できる限り膝を使わないような練習メニューを組めば良いと思います。

特に、普段あまり気を使わない上半身、特に肘の使い方や骨盤の角度など、体幹系の筋トレを行って姿勢を矯正するような練習を行い、上達することは、足を休め、競技力の向上という二つの意味で非常に効果があると思います。

もちろん、せっかくの休養日なので、本当に何もしないというのもアリです。

体重が増えないように気をつけながら、適度にサボっていきましょう