ランニングをしていて脇腹が痛くなるといった経験はどのランナーでもしたことがあると思います。

脇腹が痛くなったらどうするでしょうか。

ペースを下げる、治るまで休む、ランニングするのをやめる。

練習中にはどの選択肢もありますが、マラソン大会ではペースを下げることしかできません。


1. 脇腹の痛みが来る瞬間

脇腹に痛みが来るというのはどのようにしたら訪れるのかと言うのは正確には分かりません。

しかし来る要素として考えられることは幾つかあります。

一番多いのは走り始めだと思います。

ウォーミングアップもろくにせずいきなり走り出すというランナーはそのような経験が何回かあると思います。

つまりウォーミングアップを入念にするということで脇腹の痛みが回避する可能性があるということです。

体をある程度温めて深呼吸を何度かすればスタートでスピードを上げすぎない限り走り始めで脇腹の痛みが来ることはないと思います。

もう一つ考えられるのがペースアップを試みた時です。

ある地点まで来てゴールまで計算し、ペースを上げてもゴールまで持つと思ったらスパートをかけることがあると思います。




スパートをかけた際脇腹の痛みが来た場合は元のペースに戻し吐く息を多くしてください。

運が良ければ脇腹の痛みがなくなりますがスパートをかけるとまた訪れてきます。


1. 練習で脇腹の痛みが来たら

ランニングの練習中に脇腹の痛みが来た場合よほどのことがない限り走るのをやめないで下さい。

本番中にもあり得ることなのでどのくらいペースを落とせばその痛みがなくなるのか、どのくらいの長さ痛みが続くのかを知っておく必要があります。

はっきり言ってその長さや痛みの度合い、治し方と言うのは誰にも分かりません。

自分で探って対処法を確立させるしかないのです。


2. 脇腹の痛みが来た時のランニングフォーム

もし走っている最中に脇腹の痛みが来た場合はピッチ走法に切り替えるといいでしょう。

ピッチ走法と言ってもストライドを狭くしてピッチを上げるということではなく、ピッチを変えずにストライドを変えない走法です。

元々ピッチ走法と言うランナーは更に小股にということを意識すると体への負担は少なくなるので試してください。

脇腹の痛みが来ても走り続けるということはアクシデントの状況下でも走り続けるということなのでランニングの上達に直結します。