ランニング中に足がつるというランナーはいないでしょうか。

足がつった場合、修復がほぼ不可能で残りはひたすらゆっくりしたペースで走るか中断するしかありません。

なのでつらないよう最大限の注意を払ってください。


1.足がつるとどうなるか

マラソンなどではあまり目にしない光景ですがサッカーやラグビーの中継を見ているとよく足をつる選手を目にすることがあります。

彼らが足をつる原因は主に大きく分けて二つあります。

一つは疲労がたまっている状態でスプリントしたため無理な負荷がかかり、おもにふくらはぎがつるという状況になります。

もう一つは体が温まっていない状況で急激な負担を足にかけた場合つってしまうということがあります。

こちらもふくらはぎがつるということが多いです。

足をつってしまったらまず間違いなくそれまでに出せていた力を発揮することができません。

つってしまってから足を延ばすという対処法はあるのですが、また同じような運動をした時に再発するので足をつらないようにするという努力が必要です。

マラソン選手が足をつる様子があまり見られないのは(もしくは中継されていないだけかもしれないのですが)ほぼ一定のペースで走っていて、スパートをかけたとしてもそれはスプリントに比べたら負荷はかからないスピードだからだと思います。


2.ランニングで足がつらないように準備をする

足がつらない人と言うのは足がつった感覚が分からないと思うのですが、分からないに越したことはありません。




私は寝ている最中にたまにふくらはぎがつってしまうことがあるのですが、ふくらはぎが異様に硬くなりうずくまってひたすら足の感覚が戻るのを待つしかできません。

足がつるという人はつりぐせがあり「あの人しょっちゅう足がつったって言うよね」と言われることもありますが、つらないようにするコツを二つ紹介します。


1.足をつらないようにするために入念にアップ、ダウンをする

ウォーミングアップを入念にし、足をあっためた上でトレーニングや大会に臨むことで足をつるリスクを下げることができます。

また日々のトレーニングで疲労が蓄積された状態でランニングをすることで足がつるということも出てきます。

そうならないためにトレーニング後のクールダウンが必要になってきます。

ウォーミングアップに比べクールダウンをおろそかにしがちの人が多いですが、足をつらせないためだけでなく、けが予防に必ずクールダウンは行うようにしてください。


2.水分をこまめに取る

水分を取ると体のリフレッシュができるのですが、それは同時に足をつる予防にもつながります。

よくのどが渇く前に水分をとれと言われることがありますが、日々の練習で、どれくらいで体が水分を欲するか知っておくとよいでしょう。

水分の取り過ぎで腹痛を起こすことがあるのですが、ふくらはぎがつることに比べれば腹痛は治るので大事では無いでしょう。

自分が思っているより多めに水分を取る方がいいと思います。