せっかく走ろうと思ってマラソンのスケジュールを立てたのに、当日雨が降ってしまうとどうしても練習できないストレスが溜まってしまいますよね。

しかし台風や豪雨じゃない限り、雨の対策をとっていれば走っても全く問題ありません。


1.雨の日のトレーニングはウィンドブレーカーを着用せよ

夏場のトレーニングを除いて、雨に濡れた状態で走ると低体温症などを引き起こして風邪をひく可能性がありますので、初心者は気を付けましょう。

そのためにも薄手のウィンドブレーカーがあると何かと便利でしょう。

出来ればフードやポケット付き、裾を引きずらないようにくるぶしがゴムで調整できるタイプのものがお勧めです。

顔に雨が当たると煩わしい方は、ツバ付きのキャップを着用すると良いでしょう。

ところで雨の日のマラソンはデメリットばかりではありません。

走ってみると分かると思いますが、雨の日は湿度が高くとても呼吸がしやすいため、マラソン初心者には適していると言われています。

また乾燥した空気の中を走るより、湿った空気を吸って走るほうが、脱水症状になりにくいので、ランナーにとってはメリットとも言えます。

晴れの日と違って紫外線も少ないので、日焼け対策もする必要がなくなります。

初心者の方もさらなる上達の為に、雨だからと言って走るのを休まないで、逆に楽しむくらいの気持ちで取り組めると良いですね。





2.雨のトレーニングに役立つワセリンの効果

ワセリンは皮膚の摩擦やスレを防ぐだけではなく、冷たい雨や寒さを軽減し保温してくれる効果があり、多くのランナーが使用している重要アイテムです。

マラソン上達の為にもぜひ用意しておいたほうがいいでしょう。

ワセリンを塗らずにレース途中でヒリヒリと痛み出しても、途中で塗るわけにもいかず、レースに集中できず残念な結果とならないように、初心者はあらかじめ予防策として塗っておくことをお勧めしましょう。

塗る場所は足の指、くるぶし、おなか、わき、胸、お尻周りなどです。

主に靴下や下着が当たる部分ですね。

あとマラソン大会当日が雨だった場合に準備してほしいアイテムがあります。

レース中は自前のウィンドブレーカー、もしくは100均で売っているようなレインコートやポンチョを着用して雨を凌ぎましょう。

荷物は替えの靴や下着や靴下、身体を拭くタオル、寒さ対策としてカイロ、走る時用のビニール手袋、荷物を雨から守るためのごみ袋などがあると良いですね。

大会が河川敷の場合、水はけの悪いところを走る事が想定されるので、足を取られないように十分気を付けましょう。

雨に濡れた後は冷えないように気を付け、近くに銭湯などあれば寄って温まってから帰る事をお勧めします。